« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

2010年7月30日 (金)

ナチュラル・フード・スタジオの皆さんがなんくる農園にお見えになりました・・・

7月28日(水)、ナチュラル・フード・スタジオの皆さんがなんくるなんくる農園に来られました!

今年の冬に地産地消ご当地グルメ“菜こんたん”でなんくる農園のお野菜を偶然購入されたことがきっかけで、これまで3回ほどお野菜を送らせていただきました。今回初めてなんくる農園に見学に来られました。ナチュラル・フード・スタジオは東京の代々木で、自然食のスクール運営しており、インストラクターを養成し、自然農法・有機農法の理解を広めていらっしゃいます。

2010_0728  2010_0728

カメラを持って4名で来られる!先ずは蓮正寺圃場。厳しい暑さと、過乾燥でスイカもトマトもピーマンその他もろもろが悲鳴を上げています・・・水路には水がなく灌水もできません・・・明日明後日と雨の予報だが、今度こそ降ってくれるかな???降らなければ枯れてしまうものも出てくるだろう・・・トマト、ナス、ピーマンそしてスイカを収穫!どうしてもスイカの収穫適期が分からない・・・音が聞き分けられない・・・たぶん大丈夫だろうが・・・昨日試しどりしたものはやや早めのようだがまずまずだったが・・・水ナスをその場で、生で食してもらう。とても甘いと・・・

2010_0728_2

高田圃場に移動して、丸い茄子“賀茂ナス”を収穫・・・前回送らせていただいたが、人気だったそうで・・・茄子田楽にすると最高!

2010_0728_3

永塚圃場に移動!皆さんと記念撮影!今日もとても暑い。カメラマンさんもバテ気味のよう・・・

2010_0728_4

オクラを収穫!昼間なのでオクラの花もしぼんでいる。朝方ならばオクラの花も最高に綺麗なのだが・・・花も食べれるんですよね?食べられます。花オクラだともっと花が大きいのですが・・・

2010_0728_5

昨日の出荷の際に収穫する予定で忘れてしまったゴーヤ!今年初物。とても色つやが良い。どうぞ皆さんで初物を食してみてください・・・この後昨日試しどりしたスイカを食べてもらいました。冷えていて甘くて美味しかった?いつも思うがすっきりとしたさわやかな甘みだと思う。皆さんも美味しいと言ってくれた・・・

なんくる農園の圃場を見学後、あしがら農の会の出荷場を案内。ここは屋根もあり風も通りとても涼しい!しばらく座りながらお話をさせていただく。直接お会いすることができ、また、お話することができ互いの思いが少しは伝わったかとは思います。有難うございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月29日 (木)

菜こんたん"旬の野菜と笑顔がいつもここにあります”

“旬の野菜と笑顔がいつもここにあります”

2010_0728

先日の火曜日にいつものようにお昼過ぎに菜こんたんにお野菜をお届けさせていただくと、伊藤シェフの奥様にちょっと待っててくださいと呼び止められる。何か不都合でもあったかな?内心びくびくとしながら待っていると、お店の紹介カードを渡された。なんとなんくる農園のトマト、“とまま”?がモデルだそうで・・・奥さんは元カメラマンらしい。いつもトマトの美味しそうな写真をとりたいと思っているが、なるほど参考になる。この暑い時期お店にお野菜をお届けさせていただくといつもさりげなく“冷たいお茶どうぞ”と・・・お野菜をお届けさせていただいているわったーにまでも温かい心遣い。従業員の皆さんもいつも笑顔で声をかけてくださいます。いつもうれしい,気持ちの良いい空間です・・・もちろん伊藤シェフ料理はおいしい!最近は中々食べに行く時間が取れないのが残念・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月27日 (火)

夏野菜色々と天日干しています!

夏野菜がピークを迎えると、どうしても野菜が余ります・・・土に戻せば土を肥やし全く無駄とは言えませんが、できうるならば、せっかくならば美味しいといわれて喜ばれて、他人の命の源として生涯を終えられればと願い・・・・・今まではトマトは冷凍してトマトソースに、胡瓜は塩漬けして保存して漬物に、モロヘイヤは茹でて冷凍保存していたが、今年は色々と干してみようと・・・

2010_0720_2    2010_0727

先ずは干し茄子!千両2号、水ナス、賀茂ナスも干します。1日で乾かすのが良いとか・・・1日ではなかなか難しいが・・・胡瓜も丸ごと干すのもありということだが・・・

2010_0727_2

週2回の出荷なのでどうしても巨大化したズッキーニができる。これももったいない・・・といことで干してみる。種が大きくなっているので種は食べられないか?かぼちゃの種はお菓子として食べられる・・・同じカボチャの仲間・・・

2010_0727_3

左はセロリ、右はモロヘイヤ。天日干しして手もみして粉々にしたもの。ふりかけや、スープなどに使うと良いそうです。今後利用方法も研究の余地あり・・・

2010_0720

これは番外編。梅干しの土用干し!今年の梅は3月の急激な冷え込みでかなり実が落ちた。自然摘果の効果か、粒がなんくる農園としては大きい・・・昨年は大失敗なので今年の出来にはほっと・・・

永塚圃場で草刈りをしていたところ、&oさんが前を通りがかったとわざわざドライトマトを作ったらと、オーブンで最初に加熱して干すと良いとか、ハウスなどを利用すればかなり高温で干せるのではと・・・アドバイス頂きました。色々と保存食、加工品を試しているところなので、早速今後の研究課題に・・・有難うございます。多くの方からちょっとした知恵が頂けると加工品は面白いものですが・・・・・手間暇がかかるのが大きな難点ではあるが・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月26日 (月)

小田原まちなか市場終了!あつ~い7月24,25日2日間にわたる初の試み・・・

昨年の10月を皮きりに、あしがら農の会として小田原まちなか市場に出店するのもこれで4回目となる。今回は朝市(8:00~12:00)、2日間という新たな試みである。今年は梅雨明け後連日猛暑が続き、当初より苦戦が予想されたが予想以上の大苦戦だった・・・

2010_0724  

初日の店舗!ゆたゆた農園のO川さんと桜見畑のY田さん。奥にはどっしりとS村さん

2010_072525

2日目の店舗!今や市の親分ともいえる、山ちゃん田んぼの親分!山ちゃん・・・

2010_0724_2

夏バージョンのメインの一つ冷やしトマト!冷たい氷水で冷やしたトマト。とても濃厚な味。あしがら農の会の夏祭りでは人気だったが・・・まちなかでは、あるいは朝方では上品な方が多いのか、トマトをかぶりつくのは少し抵抗があるのか・・・

2010_0725

夏バージョンのメインの一つアイスキュウリ!白醤油に2晩ほど漬け込んだ胡瓜にドック棒を差し、冷たく冷やしてアイスキャンディ風に・・・夏祭りではいつも大好評!5~6年前に自然農法の大会が京都で行われたときに三千院の漬物やで見かけたのがきっかけで、有機の胡瓜で作ればもっと美味しいだろうと・・・特に子供に喜ばれるよう。何本も食べる子も・・・今回も山ちゃんの愛娘すずちゃんがなんと初日が4本、2日目が3本・・・少したべすぎでは・・・大丈夫かな・・・今回のまちなか市場では子供が少なかった。売れ残った原因の一つか???

2010_0724_3 2010_0725_2

夏の定番の一つ冷茶!今回は初めてS川さんのお茶の葉を使用。さらに粉茶を水に溶かすという初めての試み・・・

2010_072525_2

茄子・トマト・胡瓜などの夏野菜を中心とした有機野菜・・・どれも美味しいことは間違いない・・・

2010_072525_3

今回初登場、そらやさんのそーめん!乾麺のうどんは人気。そうめんのお味はいかに・・・試しに一つ買わせていただきました・・・、そしてこれまた定番の桜見畑のY田さんの黒米。胡麻も大変人気ではありますが、ゴミとり調整が大変で中々商品にできないようで・・・香りは香りは最高なんですが・・・

2010_0724_4

あしがら農の会の大豆の会の親分、N原さんの冷凍ブルベリー!凍ったブルベリーもなんと美味!ただ、販売にはちょっと苦労・・・外に出すとすぐに溶けてしまう・・・

どれもこれも目移りしてしまうものばかり!ちょっとした工夫でより美味しく、より楽しくなる。宅配のお客さんも市だから手に入るものがあって楽しいという声も聞く。市だから作れるものも沢山ある。作るものも、食べるものもちょっとした遊び感覚・・・働き者のなんくる農園にとってはあまりなじみのない遊び感覚???

わざわざ五平餅だけを求めに来る人、玄黒せんべい、乾麺のうどんを欲しいという人、こんな人も出てきている。農の会のまちなか市場も少しずつ根づき始めているのか???

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月22日 (木)

今週末小田原まちなか市場またまた開催!~今回は夏バージョン~

今週末7月24日(土)、25日(日)の両日8:00~12:00の時間帯で小田原まちなか市場がまたまた行われる・・・今回のあしがら農の会の出店は夏バージョン!今までは五平餅が主力であったが、今度はアイスキュウリ冷やしトマト!そして冷茶。限定20名様位の冷凍ブルーベリー!食べたことはないが絶品らしい・・・この暑さにちょっと涼しげかな???野菜や卵や黒米・味噌などもあります。あしがら農の会の出店場所は24日は3区公民館前、25日はミネルバ英会話教室前。畑や田圃の作業に追いたて、まくられながら市の準備も・・・

詳細は緑一番商店会のホームページ”小田原まちなか市場”を・・・・・

Photo

今年の2月に行われたまちなか市場!この時は五平餅に野菜スープ“ガルビュール”そして味噌、うどん、たーむ団子、玄黒せんべい、みかんジュース、野菜その他もろもろと盛りだくさんの品ぞろえ!宅配のお客さんも沢山来られて面白かったという声も・・・多々

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月21日 (水)

7月の蓮正寺圃場の「畑の様子!この高温・乾燥の中ネギ定植・・・・

本来ならば大まか植え付けを終えているはずのネギ。葉ネギは終わっているが、長ネギ、リーキ、晩生ネギはこれから。あまり暑さが厳しいと活着及び生育は宜しくないでしょう・・・ネギといえば区別に少し戸惑いう。青ネギ=葉ネギ?、白ネギ=長ネギ=深葱、晩生(分けつ)ネギは?九条ネギ、分葱、アサツキ、万能ねぎ等々は葉ネギ?大阪生まれのわったーは薬味は葉ネギが良い。鍋は白ネギでも青ネギでもどちらでも良し!

~長ネギの植え付け~

2010_0720

先ずは鍬で溝掘り!1往復で掘り上げる。ここは少し前までスギナだらけ・・・スギナの根が地中の中で縦横無尽・・・

2010_0720_2    2010_0720_3

草に埋もれ植え遅れの苗・・・6~7㎝ぐらいの間隔で植えつけ。溝の中に並べて倒れないように土を少しかぶせる程度。深植えすると活着が悪くなる。植えつけた後、普段は堆肥を溝底に播いていく。ネギ類の根の酸素要求度は高い。堆肥を撒いておくと根の張りが良くなる。よく藁を敷いておく人もいる。今回は高温・乾燥状態が続いているので、枯れた草があるので草をしいた。堆肥よりも乾燥防止につながるだろう・・・今夜から明日の未明にかけて少し雨が降るという予報だが・・・・・

2010_0720_4

ジャガイモの畝間に1畝置きに播いたクロタラリア。育ちは良くないが、この暑さの中ジャガイモ掘りをしているといくらかの日よけになっているよう・・・・・土作りのつもりだったがこんな副次的効果があるとは・・・・・ジャガイモの収量は就農以来最悪の出来・・・

2010_0720_5

ソルゴーも少しずつ穂が出始めてきた。そろそろ刈って表層にすき込みたいのだが・・・たぶんなんくる農園のハンマーナイフでは力不足で使えないだろう・・・刈払機である程度細かくカットしてハンマーナイフで砕くようになるのかな・・・過乾燥気味なのでできれば雨を待って作業したいが・・・今後の天気はいかに???

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月18日 (日)

7月の蓮正寺圃場の畑の様子!菜園講習草取り援農・・・・・

いつしか菜園講習会なるものがなんくる農園で行われるようになった。最初は畑を見学したいとのことであったが・・・今月で3回目。果菜類の芽かき・仕立て方法など。援農していただかないとお受けできないといったところ、草取りに来てくれた。援農に比重がかかると参加者は減るのか・・・

2010_0715

草だらけの葱!一度きれいに草をとったがまた・・・上は作業前。下は作業後・・・

2010_0715_2

草がきれいにとれ気持ち良さげ・・・少し、かなり葉が傷んだがしょうがない・・・本来ならばそろそろ収穫時期なのだが・・・さっと草掻きをして三角穂で軽く土を寄せた。

2010_0718   2010_0718_2

今年は珍しくスイカは順調に育っている。このままいけば8月上旬には食べられるのか?

2010_0718_3

スイカの横のフェンスには台湾山芋が・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月17日 (土)

自然農法国際研究開発センター農業試験場視察!~宿編~

今回の視察を圃場見学編・宿編そして講義編に分けてブログにアップしようと思って、第2段として講義編を整理したが、ブログにアップするには長文を書くしかない。まとまりが悪い。ということで後日別の方法を考えることに・・・

2010_0714 2010_0714_7

視察旅行のお宿シャンティクティ!O野さんのお勧めのシャロムの姉妹店(同一オーナー)素泊まり3000円。風呂なし・・・ちょと農の会の匂いが漂うこのお宿にみなさんの希望が集中したのでここにしました。正解だったかな・・・

2010_0714_8

22:00頃到着!明日の視察にあたっての予習をすべく???、アルコールを伴っただんらん・・・時間は確認しなかったが夜中の1時は過ぎていたような・・・たまには農作業を離れて語り合うのも良いかも・・・酒豪組女性3名はO野さん宅に泊まる。すっかりお酒は飲まなくなったわったーも先月に引き続きオーバーアルコール気味・・・・・

2010_0714_6

翌朝8:00のベジタリアン朝食!800円。パンは食べ放題・・・ナスタチュームは見たことはあるが食べたことはなかったが、これはいける・・・わったー好み。来年は作ろう・・・

2010_0714_2

非電化冷蔵庫!ペットボトルに水をためて放射冷却を利用しての冷蔵庫。断熱材として畳が周囲に埋め込まれている。利用価値のほどは???

2010_07140029 2010_0714_9  

オイル缶とトマト缶を利用して作ったかまど。モミがらを燃やしてご飯を炊く。たしか3升のお米を7升のモミがらで炊けるとか???煙もあまり出ないし、クン炭も作れそうで家の前でも使えそう・・・

2010_0714_3

色々こりにこったかまど!

2010_0714_4

雨水をため、窯の熱を利用してお湯も出るようになっている・・・・・見事!2010_0714_5

バイオトイレ!

*詳しくはシャンティクティホームページを・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月15日 (木)

自然農法国際研究開発センター農業試験場視察!~圃場見学編~

当初は小田原有機の里づくり協議会の事業として計画されていた、今回の農業試験場視察。6月中ごろには事業認定がおり粛々と計画が実行されるはずであったが、国は認定を先延ばし・・・視察の準備は進められていたので今回はあしがら農の会の事業として、予定通り実施!

2010_0714

いよいよ石綿研究員より実証圃場にて詳細にご説明いただきます。石綿さんは9年ほど前にわったーがこの農業試験場で研修を受けたときに色々とご指導いただいた先生。その縁で3年前まで3年間にわたりは春先に小田原に来ていただき、あしがら農の会の勉強会の一環として、苗作りから色々とご講義頂いておりました。何しろ博学!良く勉強されていて、研究されていて、実践されている。目線も我々百姓と一緒の目線で対応してくれる。わったーにとってはとても有難い、頼りになる先生である。

2010_0714_2     2010_0714_3

左側はキャベツーキビ:キャベツの残渣をハンマーナイフで砕き、キャベツとキャベツの間(条間60㎝)にキビを播種。キビを植える部分の有機物をどけ、表層を弓穂などで軽く掻く。除草をしながら、キビの初期生育を確保するため。右側はキビーキャベツの作付け。キビとキビの間にキャベツを植える。表層15㎝を管理機などで耕起し、5㎝ほど掘り下げたところにキャベツを定植。土ができるまでの最初の段階では200~300㎏/1反ボカシなどを溝施肥していたが、現在では100㎏で十分。前作でキビを収穫した後のキビを藁をカッターなどで刻み、定植したキャベツの上から敷き藁のために播く。初期段階ではキャベツの葉は立っており、葉間に入り込み事はない・・・

2010_0714_2

トウモロコシー白菜:白菜を片付けてた後、表層5㎝の土をどけ、栄養の少ない土にトウモロコシを播種。初期の生育を抑え、節間を詰まらせる。その後追肥を2回に分け施す(窒素3㎏×2)1度目はリン酸を効かせ、2度目に窒素を効かせるためにリン酸を固定する。トウモロコシの実をなるべく下方につけさせアワノメイガの侵入もとの雄花からなるべく遠ざけるとともに、地面近くでカエルの天敵効果を高める。トウモロコシ収穫後は青いうちに細かく砕き地表5㎝にすき込む。(トウモロコシの青さを保つには2番果を残しておくと青さを保つ)間をあまり置かずに白菜を定植。トウモロコシから発現する栄養で白菜は育つ。

2010_0714_4

カボチャー大根:踏込み温床でできた堆肥を混和したところにカボチャを植え、その横はエンバクを育て刈り倒し敷き藁にする。さらにその横にはヘアリーベッチを植え敷き草にする。1つる35㎝の株間。摘芯し2つる伸ばしている。その横はマリーゴールド。背丈の高い作物により風に弱いカボチャを風から守る。その際風の向きと平行に植えるのがポイント。また、カボチャの先が上向きになっていると元気を保つよう・・・カボチャを片付けたあとは大根を播く(5日以内)。ハンマーナイフで砕き播き所の残渣をどけ播種。播種までに時間が空き乾くようであれば灌水も必要。乾かさないことがポイント。

2010_0714_5     2010_0714_3

茄子の連作8年:3~4年目にはかなり状態が悪くなったが、6年目以降は特に病気もなく、順調。  仕立て方法は冷涼地のため2本仕立て。主枝を2本伸ばしそこから派生する側枝はその第1果の上葉を2枚残し摘芯。収穫時は葉を1枚残しその上から切り茄子についてくる余分な部分を切り落として収穫。なんくる農園では3本仕立てだが基本的には同じ。ただ、収穫時の方法これは即採用!よし・・・ 

2010_0714_6   2010_0714_7

トマトを条間180㎝に植える。その間にはマメ科。(ささげ)。トマトは2本仕立てで2条植えと同じ採植密度。支柱はX字に立て2本誘引。芽かきはトマト全体のバランスを見ながら適宜芽かき。この辺の見極めをするにはもっともっと観察眼を鍛えなければ・・・果房直下の芽は葉を5枚展開し実をつける。その他は7枚展開し実をつける。藁や落ち葉のマルチで疫病を抑える。泥の跳ね上げ防止と菌を抑える天敵効果。

これより水田見学!あいにく水田担当者が全員不在で詳しい話は聞けなかった。残念・・・

2010_0714_4

水温が低く初期の生育はゆっくり。松本付近は雨が少なく日照量が多いので夏から秋にかけて生育が良いとは聞くが・・・

2010_0714_92010_0714_8

説明を聞いていると水中に不思議なものが動いている。生物?コオイ虫だそうだ。初めてみる。背中にたまごをしょっているらしい・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月14日 (水)

7月の高田圃場の畑の様子!豆マメ特集・・・・・

この辺の地域では7月10日が大豆を播く目安の日のよう・・・田圃の水も中干しで水が切れるのでこの時期は畑の準備ができる時期でもある。

2010_0711

先ずは播種機クリーンシダーで大豆の種まき。株間は25㎝ぐらいで条間は60㎝。30m×5条。

2010_0711_2

黒豆の播種。丹波の黒豆を5~6年自家採取。播種機で播種すると大豆よりも種が大きく、上手く撒けないので手播き。株間は30㎝。

2010_0711_3

金時豆。株間30㎝でこれまた手播き。3粒まき。毎年出来が悪く種どりで終わってしまう。今年は植える畑を変えてみた・・・沖縄のぜんざいはこの豆でたぶん作っている?

2010_0711_4

最後は小豆。株間25㎝で4粒まき。小豆も毎年出来が悪いのでここの畑で栽培・・・品種は大納言。このほかに写真は撮り忘れたが鞍掛豆も少し播いてみた。枝豆で食べると美味しいと聞いたが・・・

2010_0711_5

最後に鳥よけにタフベルをべた掛け。1条分はみ出るのでその分は防鳥糸を張る。タフベルが短く足りないところは案山子を立ててみる予定・・・かかしが効果があればとても楽なのだが・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月12日 (月)

娘の描く不思議な絵・・・・・

中学2年になる娘が先ほど書きあげた絵!

  

          2010_0711_2

この絵の良し悪しはわったーには全く分からないが、なんと不思議な絵を描くのだろう・・・頭の中に浮かんだ画像をそのまま素直に表現しているのだろうか・・・わったーは頭の中に浮かぶものと言えばどうしても視覚を通したものしか浮かばない・・・訓練によって視覚を抜きにして浮かべることはできるようになるのか???アイスプラントと人参と葱坊主とパンジーが題材のよう・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月11日 (日)

7月の西大友圃場の畑の様子!ようやく1回目の人参播種・・・

秋から冬にかけての代表野菜の一つの人参の種まきシーズンがすでに到来!自然農法・有機農法の野菜でひときわその美味しさ、違いが分かる野菜の一つとして人参が先ずあげられる。

2010_0711_6

草が生えていたので7月3日に一度荒起しをして、米ぬかボカシとそば粉のかすがたまたまあったので合わせて撒いた。昨日10日にトラクターを再度かけたところ。本来はもう少し時間を開けたいところだが・・・

2010_0711_9

三角穂で撒き溝を掘り、そこに人参の種を筋蒔きしていく。人参はなるべく厚めに播き順次間引いていくのがよりベターと・・・もちろんコストを考えるとほどほどに抑えてしまう・・・品種は紅福625。6月25日になれば種をまけるという品種。9月の後半には収穫できる。毎年1度早まきをして後は8月に入って播種する。この時期の人参方が良質のものができるよう・・・

2010_0711_7

三角穂で覆土をして最後に鎮圧していく。播種完了後は少しくぼんだ状態になるが、湿度を保ちやすくなる。

2010_0711_8

今日から明日にかけて雨のよう。人参の発芽には水がたっぷりとあったほうが良いのだが、少し強く降るかもしれない・・・・・土の表面をたたかれると発芽が悪くなるので、急遽モミがらを撒いた。少しは防いでくれるかな・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月10日 (土)

7月の西大友圃場の畑の様子!アピオスの花が咲きました・・・

お初にお目にかかりますアピオスの花!ほのかな香りがちょっと心を和ませる・・・かな?

2010_0708_4

インディアンのスタミナ源といわれているアピオス!マメ科で栄養価は高いそう・・・味はどうか・・・美味しいという人もいれば、美味しくないという人も・・・味は取り敢えずちょっと変わった花が咲いた!草だらけの畑にちょっとした存在感・・・

2010_0708

アピオスの隣りに続くヤマトイモ。葉をトンネル型に茂らすようにしているが、アーチの間が空きすぎ、とぎれとぎれのトンネルに・・・来年はもう少し間隔を狭めよう。4~5年前に初めて作ったときには出来が良かったが、その後はいつも草に負けたりして不作続き・・・今年は少しはとれるかも・・・

2010_0708_2

里芋も少しずつ大きくなってきた、さっと草を刈りボカシをかるく追肥!

2010_0708_3

草に覆われた枝豆!毎年この時期の枝豆はあまり良くない・・・小さく、収量も少ない。タフベルでトンネルをしたので比較的虫は少ないが・・・味はちょっと薄めのような気がする・・・少しこくが足りないのか?

2010_0708_4

相変わらず草に覆われた畑。枝豆が2畝にキャベツ、そして里芋・・・通路や水路の草刈りもしなければ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 9日 (金)

かなり遅ればせながら高田水田の除草!コナギのジュータン・・・

Sroka_pica_pica_ii

7月7日本日は雨の七夕・・・カササギが愛の橋渡しをするのだろうか・・・シロサギは沢山この田んぼにも来ているが・・・田圃の中からじっと見つめては見るが良く見えない・・・数時間草取りをしてると、天の川の氾濫かと思ったら、水路が氾濫して田圃の隣りの畑に水があふれている。水浸し・・・

2010_0708

田植え後1カ月近くにもなる。ここの土は砂地で水を止めると一晩ですっかりなくなってしまう。ゆえにずっと水は入れっぱなし・・・コナギの生長も幾分ゆっくりではあるがさすがにびっしりと・・・

2010_0708_2   2010_0616

左は高田田んぼのコナギの根の様子。右は永塚田んぼ。荒代、植え代と2回代搔きを行い、トロトロ層の形成を促し抑草に努めている。トロトロ層の中ではコナギは発芽が抑制されたり、発芽後も枯死したり生長が抑制されると聞いたことがあるが、その際根は褐変するという。永塚田んぼでは確かに根は褐変している物もあるが、高田田圃のコナギの根は真っ白でとてもきれい・・・・・砂地なので全くトロトロ層なるものは形成されない・・・やり方が悪いのか・・・

2010_0708_3

転がし後の田圃の様子!手取り除草をしてもトロトロ層のできた田圃とは違ってとりにくい・・・利点は歩きやすいということぐらいか・・・・・田畑転換で抑草しようと思っていたが、全く効果がない。湿った状態の畑に稗やコナギが生えるが、しっかり除草しないのでなんの意味もない・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 7日 (水)

ちょっとさびしい今年の胡瓜の生育・・・

今年は全般的に夏野菜の生育が悪いように思う。最初は天候等のせいだと責任転換していたような気がするが、再度じっくり考えてみると今までとは若干準備段階で違いがあることを思い出した。昨年までは果菜類を植える時には、堆肥とボカシをそこの土と混ぜて戻し植える蔵つき植えや溝施用して植えていた。今年は一切やめてみた。

2010_0706_2

株全体の様子!今年は株間を50㎝から70㎝に広げたとはいえあまりにも葉と葉の間が空きすぎている。茂りがとても悪い

2010_07060009

葉を見てもとても小さい。明らかに栄養不足であろう・・・いつもは草堆肥とボカシを混ぜて株もと近くに溝施用する。今年はやらなかった。集中的に効率的に効果を求める方法として、溝施用したり蔵つき植えをしたりしていたが、そろそろやらなくても良いかなと考えた。その結果がこの状態なのかわからないが、生育は悪い。ゆえに曲がり胡瓜が多い。株全体がつや良く葉も大きく生育していれば良い胡瓜がどんどんとれる・・・のだが・・・

2010_0706_3

対応策として土ボカシを株もとに撒いてみた。今夜雨の予報だ・・・少しでも効果があればと願う。これでだめなら葉面散布でもしてみようか・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 6日 (火)

緑肥ソルゴーの各圃場での生育状態・・・今後の作付けの参考に!

なんくる農園の土作りの基本は緑肥の活用!有機物の補充はもとより、病害虫の忌避効果、根による孔隙量の増加等々の効果を期待して活用している。もう一つは、外部から堆肥などを取り入れたいのだが、7か所に離れた圃場。畑によっては車付けが悪かったりもする。持ち込みにかなりの手間を要する。緑肥で補えればいくらか省力化できるかと思っている。自然農法・有機農法で多くの人が苦労しているのがいかに良い有機物を効率的に補えるかだろうと思う。畑の特性、地域性、耕作者の好みで色々な方法が考えられると思う。こうでなければというものはないのだろう・・・たぶん。緑肥の活用はとても大事といいながらここ1~2年緑肥の活用量が激減している。もちろんその結果は確実に表れてきている。今年は緑肥をと・・・春から夏にかけてソルゴーをあちこちの畑に撒いた。当然のごとく畑によってソルゴーの育ちは大きく違う。この結果に基づいて今後の作付けにひと工夫を加える・・・秋に撒いて冬の間じっくりと育てるエンバクの効果も侮れないように思う。特に根っこの発達による効果は少なくないように思える。エンバクもここ数年播種の準備が間に合わなく活用していない・・・今年は必死にやるぞ!緑肥だけでは足りないので草、落ち葉、選定チップなども合わせて活用している。

2010_0705 

田島圃場!比較的良く育っている。大きなものでは2m位になる。これぐらい育てばかなりの有機物の補充となるだろう。緑肥を組みいれながらカボチャ+トウモロコシとキャベツ・白菜・ブロッコリーを順次栽培している。まだ虫は多いが育ちは悪くないと思う。

2010_0705_2

蓮正寺圃場!葱のあと播種した。両端の育ちは比較的良いが中央部は今ひとつ・・・生育に少し村がある・・・この後は秋ジャガを植える予定・・・

2010_0705_3  

小台圃場!生育は今ひとつ。この後は9月に葱を植えたいと思っているが、葱の苗が草に埋もれ多くが消えてしまった・・・苗が足りるか心配・・・

2010_0706

永塚圃場!田圃に水が入るとやはりその影響が・・・育ちがかなり悪い。これでは有機物の補充という意味ではかなり寂しい・・・

2010_0705_4

今年から始めた桑原圃場!田圃の水の影響がどの程度かと心配していた。予想以上に悪影響が・・・全く育っていない。排水の工夫と今後の作付けを再度熟考せねば・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハルサー便り№12(2010年7月号)

127_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 5日 (月)

多くの人に支えられるとまま!

ハウストマトの収穫も今がピークかもしれない・・・灰色かび病が広がり今後は収量が激減するだろう・・・・・

2010_0701_2

とままのモデルとなったトマトが今年も採れた!一番上のトマトはまだ青いけれど・・・時たまこのような変わったトマトができるが、これは樹勢のバラスが良くないことが原因かも知れない。ちょとら君ととままのハンコに支えられているが、支えがなくなるとひっくり返ってしまう。なんくる農園も有難いことに多くの方に支えられているのだと・・・・・有難い!つい先日もトマトが多く採れすぎたところまとめて沢山買い求めてくれた・・・

2010_0630

トマトが沢山あるうちに美味しそうなトマトの写真を撮りたいと思ってはいるが中々上手くいかない・・・・・センスがないのか、愛情が足りないのか・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 4日 (日)

ちょろり盆栽?

先週ちょろりさんが西小田原に引っ越されました。引越しの記念にちょろり盆栽なるものを1名様限定で贈呈されました。幸運をゲット?跡目を引き継いだ?のは良く分からないがたぶんS山さんだろう・・・

2010_0630_3

最近苔玉?苔盆栽?なるものが流行っているのか?某ホームセンターに洋しのぶ苔の苔玉が沢山並べられていた。確かシダが差してあったとは思う。もちろんこの作品とは比較できるものではない。ちなみにこちらの作品は山椒の木が差してある。カタツムリもいる。もちろん鉢は先生の作品!

2010_0630_4

背景が緑でははえないかもしれないと、親分の背中をお借りしました・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 3日 (土)

7月の高田圃場の畑の様子!大豆の準備に茄子は回復するのか???

7月の高田圃場はどう変化するのか???

ようやく夏野菜が採れ始めたかと思えば、もう秋作の準備・・・・・大豆、人参!夏はもう終わりか・・・百姓は常に時代を先どるものなのか・・・・・

2010_0703

大豆、黒豆、小豆を播く予定の畑。草を浅くかくようにトラクターをかける。10日ごろ種を播く予定

茄子の調子があまり良くないので先日土ボカシを株もとに撒いた。その後の変化はあるのか・・・・・

2010_0702

土ボカシに糸状菌が生えてきた・・・

2010_0703_2   2010_0703_3

いじけていた茄子。新しいきれいな葉が徐々に出てきている。土ボカシの効果があるのか、ただようやく新しい葉が伸びだしただけなのか・・・窒素分が少ないのか葉は小ぶり・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 2日 (金)

6月の蓮正寺圃場の畑の様子!草、草、草、ただひたすら草・・・

6月最後の蓮正寺圃場・・・ああ草が・・・定期的に畑のお手伝いに来てくれる救世主はいないものか???

2010_0630_2

5月中旬に草を刈ったはずだが、もうこんなに伸びてきた。水路やあぜ道の草刈りは百姓としてとても田切な仕事。大変だが・・・7か所の畑があれば7か所の草刈りがある・・・相変わらずススキが畑にどんどんと侵入・・・前回は鴨の卵があったけれど・・・

2010_0630_3

草に埋もれていたゴボウ!5月に播種したはずだがあまり生長していない・・・毎年草に埋もれてしまう。この辺の管理をしっかりとしないと安定した野菜作りができない・・・ボカシを撒いて土寄せと間引きを今後必要。夏場の乾燥にも弱いようなので敷き草もしたいところ・・・

2010_0630_4

トマトは4列あるが1列だけ敷き草が間に合わないでいた。取り敢えず草をとり、すぐに敷き藁をしなければ・・・トマトも芽かき誘引を早めにしなければ・・・・

2010_0630_5

茄子には畑の外からススキがどんどん侵入してくる・・・

蓮正寺圃場もどんどん草だらけとなってきた。あっちの畑もこっちの畑も、そして田んぼも草が・・・この時期はどうしても草が・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 1日 (木)

とままのてぃだかんかん!やっぱり今年も来たかヒヨドリ・・・赤いトマトが・・・あ~あ

露地トマトもぼちぼちと色づいてきた・・・この時期やはり来るのかヒヨドリ・・・

2010_0628

トマトが赤く色づいてくると必ずやってくるヒヨドリ!順次トマトをつついていく・・・1~3段目あたりまでやられてしまう。最初は鳥よけの糸を張ったりもしたが、ここ数年何もしない。上の段に行くと被害がなくなるので・・・

2010_0630 2010_0629

今年はトマトの監視のボランティアを募集してみた。2人の肉体頑強な男がやってきた。つい最近どこかで見たかと思えば小麦の監視にも来てくれた男たち・・・・・とても頼りになる。24時間体制で風に身を揺らせながら監視を続ける。2日後に確認したところ被害0である。すばらしい!肩には心配したちょとら君もいるでは・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »