« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

2010年12月31日 (金)

今年1年有難うございました・・・1年を締めくくる忘年会も楽しく・・・

Dscf1033

年男としての一年・・・寅年も無事に終わろうとしています・・・

今年も多くの方に支えられた1年だったと・・・

有難うございます。

皆様良いお年をお迎えください・・・

~12月となり忘年会が・・・~

勤めていたころとは違って、めっきり減った忘年会・・・体調を崩した後飲まなくなったアルコール・・・・

付き合い?の忘年会も少しはあるが、昔の友人と楽しく語らうひと時・・・喜びや苦労を分かち合う仲間とのひと時・・・たまにはいいもんだ・・・

~学生時代の友人と忘年会~

Dscf1023

中学・高校の友人での忘年会・・・お互いに年に1度の安否の確認か・・・

子供が小さい頃にはお互いに家族連れで旅行に行ったりと・・・和気あいあい楽しいひと時を過ごした・・・

今は互いにおじさん、おばさんに・・・

不摂生な生活か・・・生活習慣病にはお気おつけください・・・早死にすると思われていたわったーは百姓生活のおかげか、お金は手元から離れていったが、健康を手に入れた・・・かな・・・

みなさん管理職となり、ストレスの多い日々・・・飲みに行く回数を減らし是非畑で野良仕事・・・

~28日・・・あしがら農の会の生産者を中心とした忘年会~

写真は取り損ねてしまった・・・

毎年宅配の最終日の後、農の会の生産者を中心に忘年会を開いている・・・

それぞれが1品を持ち込んでの忘年会・・・自慢の野菜を手によりをかけてのお料理・・・

なかなか美味・・・

今では1品持ちよりは当たり前ではあるが、初めてのときにはちょっと戸惑ったもの・・・

お金もかからず、ちょっと贅沢な忘年会・・・

もっと声をかけたい方も沢山いるが・・・

~15日山ちゃん田んぼの収穫祭~

お座敷から海を望むちょっとおしゃれなお家・・・

1年間の田圃の農作業の喜びと苦労を分かち合う楽しいひと時・・・こちらもお料理上手な人がたくさん集まって・・・豪勢な・・・ちょっとしゃれた美味しい坊・・・

素敵な贈り物も・・・本当に楽しいひと時・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月30日 (木)

寒さが厳しくなる中、暮れも押し迫る中、ようやく秋起し終了・・・秋はいつまで?・・・

9月から10月にかけて稲刈りが終わると、すぐに翌年のお米作りに向けて作業が始まる・・・

先ずは秋起し・・・11月中には終えたい作業・・・

来春の田植えまでに稲株や藁などの分解を十分にさせたい・・・表層耕起・・・田圃で土ボカシを作るようなもの・・・

これは畑でも同じ・・・敷き草や敷き藁、緑肥あるいは堆肥・チップなどを表層耕起する・・・畑で土ボカシを作る・・・

そのためにも本来ならば地温の確保できる時に耕起したい・・・地温が低いと微生物の活動は鈍り、分解は遅く、土にこなれるのに時間がかかる・・・遅れることによりロスが生じるのか・・・

秋起しの後は草の状態により冬起し・・・一般的には多年草・・・オモダカやクログワイなど・・・が増えてきたときにはその根塊を掘り起こし寒さにあてて死滅させる・・・

永塚周辺ではここ数年オモダカが増えてきた・・・同じオモダカ科でもクワイは美味しい・・・

今回は秋起しそれとも冬起し・・・

たぶん1月にもう一度耕起することになるだろう・・・

~永塚田んぼ~

Dscf1011 Dscf1014

昨年は11月8日に秋起し・・・

いつも水尻から水口に向けて一定方向でトラクターを走らせる・・・構造上後ろに土が寄っていく・・・

高低差をなくしていく努力・・・少しずつ土は寄るよと言われたがどのようなサイクルの話だろう・・・でもいつも同じ方向で耕起・・・

~もち米田んぼ~

Dscf1007 Dscf1009

昨年は2月1日に耕起・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月29日 (水)

蚕豆にようやく敷き草・敷き藁・・・

~西大友大豆圃場~

大豆の後の小麦・・・この組み合わせは相性が良いのだろう・・・緑肥を育てる時にエンバクとクローバーを良く混植する・・・

有機物を沢山生成するイネ科、特に根っこは魅力的・・・地上部の有機物量と同じぐらいあり、根圏では微生物の活動は活発・・・

根を深く張るマメ科・・・深耕・・・窒素固定も・・・線虫対策にも良く活用される・・・

大豆と玉葱・・・特に良い組み合わせとは聞かないが・・・この組み合わせが出来ればなんくる農園の作付けが楽になる・・・

昨年はタネバエの発生で失敗・・・豆の取りこぼしがいっぱい・・・その影響が大きかったのでは・・・以前なんくる農園でこの組み合わせを試みたときには可もなければ不可もない状態・・・

そして大豆と蚕豆・・・記憶が定かではないが相性は良いということが書いてあったが・・・マメ科同士でも良いものなのか・・・

蚕豆のメインは桑原圃場・・・種を沢山もらったので試しに植えてみた・・・

去年はアブラムシがたくさん・・・たぶん苗の状態が悪かったのも原因だろう・・・結構いじけた苗を植えたような・・・今年は苗の状態は良い・・・

土の状態も去年に比べて改善されたような気がする・・・触った感じが適度な塊と握ると崩れる感じ・・・

Dscf0976

11月16日播種:12月15日定植・・・知人が自家採りしている種をもらって播いた苗・・・

Dscf0979_2

三角穂で軽く土を寄せて・・・・

Dscf0982

隣りの官地を工事するということで草を刈ってあったので、有難くいただくことに・・・種をいっぱいつけた草・・・普通ならば嫌がられるのだろうが・・・気にせず敷き草に・・・

延清圃場~

Dscf0984

11月1日播種:12月6日定植マルチ・・・

Dscf0986

11月1日播種:12月19日定植・・・

Dscf0995

周囲には草がないので、敷き藁・・・

今年から始めた圃場・・・まだまだ排水は良くない・・・土もしまり加減・・・腐植を増やしたいところ・・・

春には敷き草も土にすき込む・・・作物を育てながら土作り・・・

蚕豆の後は今年もソルゴーを播く予定・・・その出来を確認しながら次のステップに・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月28日 (火)

ヤサイゾウムシ・・・この時期ハウスに沢山・・・

~ヤサイゾウムシ~

アブラナ科,ナス科,セリ科,キク科など色々な野菜を食べるようです・・・きわめて雑食性が高い・・・

成虫も幼虫も害虫・・・見る見るうちに食べつくすというものではないが、知らないうちに食害が・・・

1年に1回の発生・・・・土中、落葉、雑草下等で夏を越した成虫は9~11月に野菜の芯
や葉を食べながら産卵・・・・卵は地表面や土中に産卵・・・

幼虫は秋から春にかけて緩やかに成長し、3月下旬頃から土中で蛹化・・・蛹の期間は9~11日で、新成虫は4月中旬~6月下旬に出現・・・

露地では白菜でよく見かける・・・人参につきやすいと言われるがあまり見かけない・・・

ハウスやトンネル栽培の葉物では良く見かける・・・

地味だけれども侮れない虫かな・・・

Dscf0460

ヤサイゾウムシ成虫・・・ちょっとピンぼけ・・・

お米などの穀物にいるのはコクゾウムシ・・・

Dscf0562

ヤサイゾウムシ幼虫・・・

Dscf0905

ヨトウ虫や青虫のように大食感ではないが、ちびりちびりと食べているうちに、葉先が黒くなっていきます・・・あまりひどくなると商品価値は落ちます・・・

ことごとく脇芽にいます・・・

Dscf0914

大中小並べてみた・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月27日 (月)

だいぶ遅れたアイスプラント・・・少しずつ大きくなってきたかな・・・ベビーリーフもようやくそろい踏み・・・

~ハウス~

去年から作り始めたアイスプラント・・・つぶつぶの輝きが何ともいえずgood!

ようやく育ち始めた・・・

脂肪肝や高血糖に効果があり、体内の塩分を排出してくれてメタボ対策にぴったり?・・・

南アフリカ原産の多肉植物・・・

Dscf0964

今年は種まきに失敗し、3度目にてようやく発芽・・・かなり遅れた状態ではあるが・・・

ベビーリーフにそっと添えて出荷・・・見た目のかわいらしさと、食感がgood!・・・ほんのりと塩の味が・・・

Dscf0969

22日にインゲンなどを片付け後、落ち葉堆肥とボカシをすき込んで、トラクターをかけた後、たっぷりと灌水・・・そしてビニールをべた掛け・・・

ようやくベビーリーフもそろってきた・・・

Dscf0951

右側がエンダイブ・・・シャキシャキとした食感に、ほんのりとした苦味・・・

その隣りはチコリー・・・見た目のかわいらしさに、ほんのりとした苦味・・・

Dscf0952

右側の赤いレタスはレッドオーク・・・切れ込んだ葉がちょっとおしゃれに・・・

その隣のレタスはロログリーン・・・ふりふりの可愛いレタス・・・歯ごたえソフトなレタス・・・

Dscf0955

右側はルッコラ・・・胡麻の風味と適度な辛みと・苦味・・・イタリア料理には欠かせない、アブラナ科のハーブ・・・

その隣はビート・・・ほんのりとした甘み・・・鮮やかな葉の緑と茎の赤色が料理のアクセントに・・・

このほかにラディッシュ・サラダカラシナ・日野菜カブなどをとり混ぜながら・・・

Dscf0957

つぼみなに春菊・・・その間には大根が・・・百姓になる前に家庭菜園をやっていたころのように、すきあらば何でも植えてしまえと・・・

実豌豆の苗が10本弱余ってしまったので、支柱が立っている場所に植えてみた・・・無事育つものだろうか?・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月26日 (日)

マルチ・ビニールトンネルでの大根播種・・・

~高田圃場~

マルチ・ビニールトンネルでの大根・・・昨年は12月14日に播種した大根・・・予定よりも遅れたが本日播種・・・3月後半から4月にかけて収穫予定・・・

高田圃場で大根を作るのは今回初めて・・・

11月播きよりも若干作りやすいはず・・・

Dscf0846

75㎝幅の穴なしマルチ・・・サツマイモで使用したマルチ・・・1m幅でアーチを設置・・・

Dscf0856

株間25㎝2条で穴をあけた後、3粒まき・・・ながはる大根と春かすみ・・・

Dscf0939

種まき後はパオパオを・・・

Dscf0947

ビニールトンネルの裾は土をかぶせて密閉・・・これで2月頃までこのまま・・・

様子を見て、除草間引き・・・

大根は播種後10日~2週間ぐらいで直根が伸び長さが決まるらしい・・・この間に寒さにあたると短くなったり、また、花芽分化・・・抽台する・・・

この時期の品種は低温でも根が伸び、抽台しずらい品種・・・今後の健闘を祈るばかり・・・

右側は8日に播種した人参・・・今回は芽出しに失敗・・・ざっと見、発芽率半分以下か・・・

ここ2,3年発芽には失敗していなかったが、今年は永塚圃場からこの高田圃場に変えた・・・タンクに水を汲んでこなければ灌水できないので灌水しなかった・・・雨上がりに種まきをしたのだが・・・

年明けに播き直そうか・・・

Dscf0853

11日に定植したキャベツ・・・状態が悪い・・・小苗で植えたのが失敗か・・・去年は鉢上げした後、年末に定植・・・

~ちょっと番外編~

Dscf0851

今回は高田圃場からの富士山・・・目障りな大きな建物がなくて良い・・・永塚圃場よりは小さく見えるかな・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月25日 (土)

菜の花に敷き藁・・・何故か花芽分化するものも・・・

延清圃場~

今日は風が強く、予定していた玉葱の植え付け、大根の種まきは延期に・・・

午前中はハウスで春菊の虫とり・・・ヤサイゾウムシがたくさん・・・ピンセットで一つ一つ除去・・・

午後の作業は、あちこち敷き藁をしたいものが・・・先ずは菜の花から・・・

全般的には生育は今ひとつか・・・今年から始めた畑・・・夏あまりソルゴーも育たなかった・・・

今回は鶏糞とボカシを活用・・・

畑仕事も早めに切り上げ、のし餅作りも・・・

Dscf0921 Dscf0928

菜の花の条間に米ぬかボカシを播いて、三角穂で土と混ぜるようにして軽く土寄せ・・・

条間に敷き藁・・・もう少し早めに取り掛かりたかったが・・・

Dscf0931 Dscf0930

所々生長していない株が・・・

良く見ると花芽が・・・

花芽分化して生長が止まったのか、生育が悪く花芽分化したのか・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

正月に向けてのし餅作り・・・

~お正月に向けてのし餅作り~

今日から明日にかけてのし餅作り・・・

白いお餅に、乾燥人参葉いり、黒米入り、大豆入りそして玄米の5種類・・・

明日は14枚・・・合間をみて畑仕事も・・・玉葱の植え付け、大根の播種・・・

もちつき機でののし餅作り・・・自動でできるので手間はあまりかからないが、どうしても拘束時間が・・・

この後29日に残りののし餅と鏡もちもつくる・・・時折鏡餅を作ってほしいと頼まれるが、我が家の分で精いっぱい・・・

29日にもちつきをするのは「苦を搗(つ)く」という音韻から九日餅(くんちもち)と呼び、その日だけは餅をついてはいけないと子供のころ聞いたが・・・

一方、二九を音韻からフク(福)と読み29日に餅を搗く地域もあるとか・・・

Dscf0897

黒米入りののし餅・・・

Dscf0935

厚めのビニール袋に搗きたての餅を入れて・・・

Dscf0936

伸し棒で伸ばして、最後にのし板の下にひいて押して出来上がり・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月24日 (金)

実家の自然農法産の白菜・・・お見事・・・

~my motherの白菜おすそ分け~

今日用事があって実家へ・・・母がうれしそうに白菜をとりだして・・・なんくる農園の白菜よりもかなり立派・・・

実家では20年以上自然農法で家庭菜園をやっていいる・・・そんなに広くはないが・・・

当初は生ごみをEMボカシで生ごみ和えにして土に混ぜたり・・・EMボカシを撒いたりと・・・ここ数年来は年も年なので、不耕起でしかもただ地表に落ち葉や草を敷くだけ・・・体の調子を見ながら植えるだけ・・・播くだけ・・・

ただ、1年中地表は落ち葉や草で覆われている・・・

白菜もキャベツも玉葱も葉物も良くできる・・・苗はなんくる農園産の苗・・・しかも植え残った苗・・・この白菜は中晩生系の白菜・・・植え遅れであまり大きくならないと思うよといいながら渡した・・・

なんくる農園の白菜は早生系がようやく今結球して収穫時・・・中晩生系はたぶん多くは結球しないだろう・・・緑肥ソルゴーの量・状態等々の影響で窒素飢餓状態・・・

同じ苗で出来がこうも違うのか・・・かたや植えておしまい・・・土の違い・・・こんな土作りを目指してはいるのだが・・・

Dscf0882

白菜全体・・・重さは約3.5㎏・・・

Dscf0880

白菜上部・・・

Dscf0892

白菜断面図・・・左右対象で色も綺麗でみずみずしいい・・・ちょっとつまんでも柔らかくて甘みもある・・・

土がしまりにくく、水はけが良い。腐植が多く、保肥力が高い。その結果土壌生物の活性が良い・・・団粒構造の発達した土壌・・・

地表は未熟な有機物で覆われ、土壌動物や微生物が多く生息し、分解の過程で上層より糖やアミノ酸、ミネラルが浸透し、根が深く張っていく・・・

地力が高まるまでは全層に有機物をすき込み、地力が上がってくれば地表に有機物を敷いていくだけで良くなるのだろう・・・

不耕起栽培が可能になってくれば、無駄がなく効率的な栽培が可能となってくるのだろう・・・

ある程度大量に作るにはどうしても耕起も必要となるような気がする・・・エネルギーロスも出てくるだろうから、どうしても質の良い有機物をある程度の量は継続して添加していく必要はあるだろう・・・

来年もこの2文字が頭から離れないのか・・・育土・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月23日 (木)

小麦ようやく発芽そろい・・・と言いたいが・・・1年前の種は発芽せず・・・

  • ~西大友大豆圃場~
  • あしがら農の会で大豆を育てた後、なんくる農園で小麦と蚕豆と玉葱を作っている・・・
  • Dscf0869_2

    12月5日に播種した小麦・・・今年Y下さんにもらった種・・・ゆっくりではあるが徐々に育っている・・・

    Dscf0865

    12月7日に播種した小麦・・・今年のなんくる農園の自家種・・・2日ほど遅い種まきではあったが、、発芽は4~5日ほど遅くなった・・・

    Dscf0867

    去年買った種の残り・・・いまだに発芽せず・・・去年はごく普通に発芽したのだが・・・

    1年たつとこんなにも発芽が悪くなるのか・・・保管が悪かったのか・・・

    Dscf0874

    大豆の後の蚕豆・・・今のところは順調なのか・・・

    Dscf0876

    大豆の後の玉葱・・・マルチを張っただけでまだほとんど植えていない・・・

    昨日は冬至・・・もちろんカボチャは美味しく食べました・・・お風呂には何故かみかんの皮が・・・1年で一番昼の時間が短い日・・・

    そして今日は“一陽来復”・・・冬至を境に日が長くなる日・・・

    また、逆境や不運など、良くないことが続いた後、ようやく幸運が向いてくる・・・

    日が徐々に伸びてくると何となく気持ちは前向きになってくる・・・かな

    夏過ぎから下降気味だった運勢もここのところ少しは上向くのではと期待が・・・良く分からないがなんとなく・・・

    ほんの少しの気がかりは2つだけ・・・寒さは大の苦手・・・これから寒さが厳しくなる・・・

    もう一つは野菜の出来・・・

    これで本当に一陽来復か・・・

  • | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2010年12月22日 (水)

    来年早々ハウスに葉物を播きます・・・それに向けて準備を急がねば・・・

    ~ハウス~

    2回トンネルで葉物を播種・・・今度はハウスの中に・・・もう、準備せねば・・・昨年は1月11日に播種・・・1カ月くらいで収穫か・・・

    Dscf0765

    17日の急激な朝の冷え込みで枯れ上がってしまったインゲン・・・これで片付けるぞと思って5日目・・・さて次の準備をしましょう・・・

    Dscf0813 Dscf0815

    左の畝はキュウリ、豌豆、ピーマン類を片付けたあと・・・

    真ん中の畝はインゲンを片付けたあと・・・

    この2畝に落ち葉堆肥を撒いて、その上から米ぬかボカシを軽く撒いた・・・

    隠れているが右端は現在、ベビーリーフ、春菊、大根、つぼみなが植わっている・・・

    Dscf0817

    トラクターを2度掛けした後・・・

    左側の畝は前作の残渣や敷き草が残っていたのでちょっとでこぼこに・・・この後レーキでならし・・・

    Dscf0823

    灌水チューブで灌水・・・16時過ぎころか・・・ポンプに燃料を満タンにして、このまま放置・・・高田圃場にマルチ・トンネル大根の準備のため移動・・・薄暗くなる中、トンネルアーチを設置・・・

    19時前にハウスに戻るとポンプは止まっていた・・・ポンプを片付け本日の作業はここまで・・・十分に水を含んでいるよう・・・

    明日、ここにビニールをべた掛け・・・分解促進・地温確保した後、来年5~10日位を目安に葉物を播種・・・2回目の葉物を失敗しているので少しでも早く播きたいところだが・・・

    小松菜・味見菜あと2種類ぐらい・・・何を播こうかな・・・

    ~この後の作業は明日アップ~

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2010年12月21日 (火)

    播きそびれに、のびのびの小蕪の種まき・・・ビニールトンネルにパオパオべた掛け・・・

    ~永塚圃場~

    12月2日に播種予定だった小蕪・・・種がなかった・・・その後、天候、作業の都合で延び延びになっていた種まき・・・ようやく20日播種・・・

    Dscf0762

    すぐに播く予定でいたので、三角穂で溝を切っていた・・・翌日の大雨など、幾度も雨に打たれ、表面が固まっていた・・・三角穂で再度溝切り・・・

    Dscf0769

    播種機で播種した後、灌水・・・翌日は雨の予定だが、今日のうちにトンネルもしてしまいたいので・・・ハウスのベビーリーフの灌水のついでに・・・

    Dscf0775

    低温期の蕪の肥大を促すためにパオパオをべた掛けに・・・この1枚がかなり暖かいのかな・・・たぶん・・・

    Dscf0777

    穴なしのビニールでトンネル・・・裾は密閉するために土をかぶせる・・・これで完璧!・・・かな・・・

    12月2日に播種した葉物をちょっと観察・・・その様子はこちら・・・http://nankuru831.cocolog-nifty.com/blog/2010/12/post-2554.html

    Dscf0780 Dscf0782

    左の菠薐草も、右のしゃぶしゃぶ菜も発芽不良・・・色々考えるが良く分からない・・・菠薐草はもしかして播種後に灌水をしなかった影響があるのか?・・・湿り気は十分にあったはずだが・・・気温が低く発芽しにくい時期ではあるが・・・

    しゃぶしゃぶ菜は非結球ハクサイ・・・山東菜よりも小ぶりなのか・・・アブラナ科の葉物・・・発芽しずらいとは思わないのだが・・・

    Dscf0785

    小松菜はなんとか大丈夫そう・・・この違いはなんだろうか・・・

    ~ちょっと番外編~

    Dscf0057

    道路でよろよろしていた子猫・・・ちょっとハウスに・・・どんどん元気になって、結構可愛かったちびちゃん?・・・かがんで仕事をしていると肩に乗ってきたり、頭の上にも・・・いたずらっ子・・・

    10日前に突然失踪・・・畑に来る人にはだれにも懐いていた・・・連れ去られたのか・・・捨てられてはいないかな・・・可愛がってもらえれば・・・

    | | コメント (2) | トラックバック (0)

    2010年12月20日 (月)

    ようやく1回目の小麦発芽・・・

    ~西大友大豆圃場~

    あしがら農の会の大豆の会で大豆を作った後・・・今度は裏作として、なんくる農園で小麦を栽培・・・

    Dscf0757

    11月22日トラクター掛け・・・12月5日と7日に播種・・・農林61号・・・

    面積は約7畝・・・栽植密度はかなり粗植・・・春に畝立てをし直すことを考慮・・・

    Dscf0754 Dscf0755

    本日の写真・・・発芽始めの確認は17日・・・

    5日の播種分は発芽・・・7日分はまだ未発芽・・・

    Dscf0668

    土の乾きが悪いところで無理に播種機で播種・・・覆土が十分にできないところも・・・露出状態で芽が出ている物も・・・

    発芽をちょっと心配していたが、取り敢えず1回目はなんとか大丈夫そう・・・ほっ・・・

    小麦は土作りには欠かせない作物・・・地上の有機物・・・麦わらは敷き藁に・・・地中の根の根量は地上部と同量の重さ・・・

    根の周りは微生物の宝庫・・・分解のしやすい有機物・・・

    過湿は良くないので排水を改良・・・畝立て・・・本来はゴロ土も良くないよう・・・耕す時は土が良く乾いたところで耕運・・・

    どうしても大豆収穫後、11月末~12月初めに播種したくて急いでの圃場準備・・・十分乾かない状態での耕運・・・

    今後は麦踏・・・耕運機を使う予定だったが、現在危篤状態・・・麦踏も生育の状態が芳しくないときは逆効果もあるとか・・・良く乾燥した状態で行うのが良いとか・・・

    Dscf0760

    少し前に発芽試験をした南部小麦・・・発芽率は20%程度・・・取り敢えず芽が出た分だけを定植・・・種とりだけでも出来ないか・・・種が余っているのでハウスで芽出しして芽が出た分だけでも植えてみようか・・・

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2010年12月19日 (日)

    秋ジャガの収穫・・・この上なく悲惨・・・何故か知多半島の光輪農場・・・

    ~蓮正寺圃場~

    Dscf0746 Dscf0747

    12月も中旬を過ぎ霜もたびたび降りるように・・・すっかり枯れ上がり・・・というかほとんど育っていなかったというのが正解か・・・

    出来は見るからに悪かったので、、期待は全くしていなかったのだが、いざ掘ってみると予想以上に悲惨・・・

    いつもならこの5倍以上の収量があるはず・・・残りを掘る気力が・・・いや、気持をもち直して次作の準備が早めに出来る・・・なんと有難いことか・・・

    ~ちょっとこの失敗を鑑みるならば~

    今年はどこの畑も有機物不足ということで、ソルゴーをあちこちに植えた・・・ここでも8月初めにしっかりと育ったソルゴーを表層にすき込み、8月29日にジャガイモを植えた・・・この間25日ぐらいはあった・・・

    この時期は高温・過乾燥・・・水分不足でほとんど分解しなかったのだろう・・・

    9月に入って集中豪雨・・・高温・過湿状態・・・急激に分解が始まったのだろう・・・

    8月末の植え付け・・・高温状態で発芽不良・・・もともと秋ジャガは発芽しにくいとも言われるが、今までは特に発芽状態が悪いということはなかった・・・

    発芽率が悪い上に、種イモを植えつけ、地中で芽が動きだし、根を伸ばすころにすき込んだソルゴーの急激な分解・・・表層にすき込んでいるつもりでも、100%ではないだろう・・・根や芽に障害が出たのでは・・・

    発芽後も過失状態や時折急激な低温・・・生育には悪条件・・・他の仲間の秋ジャガの生育も悪いと聞いていた・・・悪条件の気候の上、急激な分解で窒素飢餓状態もあったのだろう・・・

    今回の大量の有機物は秋ジャガには悪影響だったかもしれないが、次作には必ず好影響をもたらすのだろう・・・有機物の蓄積が有効腐植につながり、土作りには役立つはず・・・

    いかに土作りをしながら、作物を育てていくのか・・・

    以前自農センターの石綿さんに有機物の分解には、水分、温度、酸素、炭素率などの条件をコントロールすることもおもしろいですよと・・・有効ですよと・・・言うは易し、行うは難し・・・

    今回の場合は、8月に十分に灌水し水分を加え分解を促す(灌水設備)・・・ビニールのべたがけを活用し分解促進・・・

    1作間をあけ十分に土となじませた後、植え付け・・・

    どれも今のなんくる農園では難しい・・・

    ソルゴーの育て方、すき込むタイミング・・・この見極めが一番の可能性か・・・

    そう言えば、夏の自農センターの長野松本試験農場の視察の際の話では、ソルゴーも80㎝ぐらい(数字は確かではないが)でまだ青い状態ですき込むと・・・これぐらいでも乾物重で反当たり1~2t(この辺の数字もあいまいではあるが)の有機物が加わると・・・

    これ以上無理に有機物を一度に補てんしても土の物理性が大幅に変化してしまうので、悪影響を及ぼすこともあると・・・気持としては沢山の有機物を補てんしたかった・・・

    まさしく今回のことか?・・・十分な期間が開けられないならば、このあたりは大事なことかもしれない・・・

    と、あれやこれやと思いを巡らしながら収穫した後、家に戻ってみると、来月1月の最後の土日に行われる、自然農法の技術交流会の申込書が・・・記入はしたがまだ申し込みをしていない・・・申し込めということか・・・

    ちょっと迷っていた・・・費用・・・2日間の作業・・・

    今回は知多半島にある光輪農場の視察も含まれている・・・一度見てみたいと思っていた農場・・・今後、この近くに農家向けの実証圃場を作るとは聞いているが・・・石綿さんのお話もあるのか?・・・

    ということで、思い切って申し込むことに・・・

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2010年12月18日 (土)

    まだ終わらない玉葱の植え付け・・・

    ~蓮正寺圃場~

    まだ終わらない玉葱の植え付け・・・今日明日は久しぶりにフルタイムで畑仕事ができるといきこんでいたが・・・体調が・・・10時出勤の15時退社・・・

    しばらく休んでいたが、何故かパソコンの前に・・・

    明日は朝から頑張らなければ・・・

    この辺の地域ではマルチを使えば2月上旬まで玉葱は植えられるとも聞くが・・・1月はダメとも聞くが・・・でも12月上旬には終わらせたいもの・・・

    Dscf0727

    今までは穴あきのビニールマルチを使用していたが、今回は穴なしを使用・・・

    穴あきだと少なくても1~2回は除草しなければならない・・・ただ、穴あきのマルチの在庫がまだまだある・・・2~3回使いまわしている・・・

    先ずは5条植えの真ん中に1列株間15㎝で穴開け・・・両サイドの2列計5条植え・・・

    Dscf0731

    今回の平均的な苗の大きさか・・・もう少し大きくしたかったのだが・・・昨日掘りとった苗・・・これでもそれなりの大きさにはなるはず・・・

    Dscf0733 Dscf0734

    穴に苗を差し、指で周りの土を寄せるように植え、おさえる・・・

    Dscf0743

    これで晩生、ネオアース約1900本植え付け終了・・・極早生、浜育ち約600本、早生、ソニック約1700本はすでに終了・・・あとは中生と赤玉葱・・・

    改めて画像で見るとマルチの張り方が雑だな・・・

    Dscf0738

    残っていた早生の玉葱の苗を見ていたら、タネバエが入った苗があった・・・白い幼虫・・・ようはウジ虫・・・小さくて見にくいか・・・

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2010年12月17日 (金)

    この冬一番の冷え込み・・・ハウスインゲンとうとう枯れ上がり・・・いざ次に向けて・・・

    ~ハウス~

    ハウスもぼちぼち次の準備をしたいと思いつつ、ためらっていたところにこの冬一番の冷え込み・・・

    この辺は温暖地・・・今年初めて水道の蛇口の先の部分が凍っていた・・・

    冷え込みの厳しい朝は露地よりもハウスの中の方が温度が低くなる・・・放射冷却の影響でハウスの熱が急激に外へ放出される・・・

    Dscf0715

    こちらはハウスの横の大蒜・・・

    昨日植えた蚕豆、玉葱、実豌豆は大丈夫かな?・・・夕方確認したところ今のところ大丈夫そう・・・明日の朝もまた冷え込みそう・・・

    Dscf0717

    ハウスインゲン枯れました・・・もう、ピークは過ぎかなり収穫量は落ちていたのでぼちぼち片付けようかなと・・・でも、もう少し、もうちょっとと先延ばしにしていたところ・・・

    これで思い切って次の準備ができます・・・来年早々に葉物を播きます・・・

    Dscf0720

    万願寺甘唐辛子を改良して作ったらしい松の舞他・・・赤く熟した実をお店では好みます・・・色合いも綺麗で甘酸っぱさが良いのでしょうか・・・こちらも枯れました・・・

    ~ちょっと番外編~

    Dscf0712

    冷え込んだ朝の富士山はやっぱり綺麗・・・毎日当たり前のようにこんな綺麗な富士山が見れるなんてなんと贅沢なことか・・・

    出身はだんじりで有名な大阪は岸和田・・・小学生のころ、転校してきた・・・感激で毎日のように写真を撮っていた・・・だんだんと当たり前になってきて、感激すらしなくなってきた・・・

    結婚後しばらくこの地を離れた・・・その後、沖縄に渡り沖縄の碧く輝く広い海・・・天高く広がる空の青さ・・・痛いまでに照りつける陽の光・・・木陰では涼しく海の潮風・・・に心を奪われ・・・

    いつかまた沖縄に・・・泡盛を飲んで三線を引きながら、カチャーシー・・・時にはやちむんでも・・・

    こんな生活にあこがれながらも貧乏性のわったーには出来ないのだろう・・・忙しいふりをして働いていないと落ち着かない・・・そんなわ―がいる・・・できないからあこがれる・・・

    沖縄から戻ってきて、徐々に百姓の道に・・・

    今は百姓という道を選んで富士山の美しさが心にとまる余裕が出てきたのか・・・

    | | コメント (2) | トラックバック (0)

    2010年12月16日 (木)

    菜園講習会中止・・・晩生玉葱を植えつけ・・・

    ~蓮正寺圃場~

    今日は月1度の菜園講習会・・・のはずだったが中止らしい・・・玉葱の植え付けをする予定にしていたが・・・自分で植えよう・・・

    Dscf0696

    右側半分は中生玉葱(ターボ)の苗・・・左側半分は晩生玉葱の苗(ネオアース)・・・

    もう少し大きくなって欲しかったが・・・

    Dscf0705

    取り敢えず3畝のうち1畝分植え付け・・・

    Dscf0700

    長ネギに先ずは米ぬかボカシを・・・ちょっと多めに撒いてみた・・・

    地温が低いのでたぶんすぐには効果はあらわれないあろう・・・だいぶ栄養不足状態に・・・収穫時期ならばこれでも良いのだろうが・・・もうひと伸びして欲しい・・・

    もう野菜が枯渇・・・この長ネギもまだまだ短いが収穫したい・・・

    Dscf0708

    ボカシと土を混ぜるようにして土寄せ・・・

    Dscf0698

    実エンドウの苗・・・25穴の連結ポットで補植用の苗を・・・

    Dscf0704

    数株ほど欠株があったので補植・・・

    余った苗はどこかに植えよう・・・

    グリーンピースは大好物・・・豆ご飯が食べたい・・・

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2010年12月15日 (水)

    紅まさり・・・確かに美味しい薩摩芋・・・

    今まで、サツマイモは紅あずまと干し芋用としてニンジンイモの2種類を作っていた・・・時には中生の芋も作ったことはあるが・・・

    今年は上記の2種に加えて紅まさりを作ることに・・・つぼ焼き芋を作っているいるT橋さんが焼き芋には紅まさりが一番美味しい・・・ということで作ってみた・・・

    この辺の種屋さんでは扱っていなかったので、ネット販売で購入・・・紅あずまの苗よりも数倍高かった・・・

    Dscf0691 Dscf0694

    食べ比べてみると、紅まさりが一番甘みも強く、しっとりとした感じで美味しい・・・

    栽培上の注意としては、前作の残肥には注意が必要とのこと・・・植え方も一節多く地中に差したような気がする・・・

    なんくる農園では昨年黒斑病が多発したので、蓮正寺圃場から小台圃場に変えた・・・紅あずまは草生の茂りが今ひとつだったが、紅まさりの方が良かったか・・・ニンジンイモは強いのでさらに勢いはあったか・・・

    収量的にはニンジンイモは比較的良かった・・・紅あずまよりも紅まさりの方が良かった・・・ただ紅まさりは表皮がのうでん?、コガネムシの幼虫だと思うが食害されていた

    来年はなんとかして紅まさりの苗を自作して紅まさりを中心に作っていきたい・・・

    これから保存性も確認しよう・・・

    ~べにまさり~

    甘みも強く、ねっとりとした食感・・・多収でもあり、貯蔵性も良い・・・早掘りも大丈夫・・・

    形が丸くなりやすい、大きくなりやすい、肌が荒れやすい・・・苗が増えにくい・・・

    ~紅あずま~

    甘みも強く、ほくほくとした食感・・・早掘りも大丈夫・・・遅植えも大丈夫・・・

    貯蔵性は劣る・・・

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2010年12月14日 (火)

    春に向けて今はコツコツと足元、根を張らせる野菜たち・・・

    来春に向けて畑で少しずつ生長している野菜たち・・・この時期は見た目にはその生長は分かりにくいだろうが、たぶん地中では根を張り足元をしっかりと築いているはず・・・でなければ困るのだが・・・

    いかに土を良くして、根の張りを良くするかが、自然農法・有機農法の最大課題なのだろう・・・いかに有効腐植に富ませ、生物の活性化を図るか・・・これが簡単のようで中々上手くいかない・・・たぶんその結果が今の野菜不足に大きく反映しているのだろう・・・

    ~永塚圃場~

    Dscf0643

    11/2播種のキヌサヤ豌豆・・・キュウリパイプの反対側はスナック豌豆・・・エンド豆の横には10/31定植の大蒜・・・

    大蒜も玉葱同様この冬場にいかに根を張るかがたまの太りに大きく影響・・・根が伸びるには酸素が必要・・・いかに団粒構造ができて地中に酸素が入り根を伸ばせるか・・・腐植を増やし、生物層を豊かにするか・・・

    青森産の大蒜をもらったので植えてみた・・・この辺は比較的暖地に近い温暖地・・・寒地用の大蒜ではあまり大きくならない・・・大蒜のたまが肥大するには一定の寒さにあたる必要がある・・・寒地の品種ほど寒さの要求度が大きいのだろう・・・

    Dscf0650

    11/10定植のキャベツ・・・この後はボカシを撒いて敷き草・敷き藁をして、鳥よけネットをする予定・・・ヒヨドリの名前は可愛いが、実は恐ろしい・・・

    Dscf0652

    11/20日定植ののらぼう菜・・・播き遅れでしかも苗の状態があまり良くなかった・・・特に左側は小さいものを無理やり植えた・・・ここもボカシを撒いて敷き草・敷き藁をする予定・・・今までは菜花はほとんど鳥の被害はない・・・その前に育つのかどうか心配だが・・・

    のらぼう菜は菜花の中でも甘みが強く、柔らかいと聞いたことがある・・・でも健全に育ったうえでの話だろうが・・・

    Dscf0647

    11/11定植の極早生玉葱・・・特に良いというわけではないが、今までなんくる農園では極早生はほとんど上手くいったことがない・・・見た目は悪くても地中で根が十分に張れば春にそこそこ大きくなるのだろうが・・・

    少し草が目立ってきたのでこの段階で草をとれると後がすごく楽なのだが・・・

    ~桑原圃場~

    Dscf0659

    12/6定植の蚕豆・・・この分だけで例年並みの量・・・まだ苗は十分にある・・・植える場所もある・・・

    いつもは隣りにエンバクや小麦を植えたり、菠薐草を撒いたりしている・・・アブラムシ対策・・・今年は周りは裸地の状態・・・アブラムシがはびこらなければ良いが・・・

    Dscf0657

    11/13定植の菜花・・・時折活着せず枯れた苗が・・・菜花は定植時乾燥に弱いので十分な水分が必要・・・水不足か・・・

    根朽ち病というものも聞いたことがあるが・・・

    Dscf0653

    12/1定植の早生玉葱・・・やはり苗の育ちは悪かった・・・極早生・早生・中生・晩生の4種類を作っているが、一番出来の良いのは早生品種のはずだが・・・今年はちょっと心配・・・

    ~蓮正寺圃場~

    Dscf0661

    11/13播種のスナック豌豆と実豌豆・・・パイプはトマトの雨よけ用・・・ここで初めて作る豌豆・・・

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2010年12月13日 (月)

    育苗用土の仕込みの前段階・・・山土集め・・・

    来年1月末頃から始まる苗作り・・・1年息のつく間がない・・・苗作りの第一歩は先ずは山土集め・・・

    集めた土をふるって、堆肥等と混和して積み込んでの育苗用土作り・・・

    1年間野菜の苗作りで使うのはだいたい浴槽3杯分くらいか・・・

    このほかにお米用の育苗用土も作ります・・・

    1年間の山土はだいたい軽トラ2台分弱か・・・

    Dscf0635

    ユンボをお借りしての積み込み・・・

    機械操作になれないので1回目はそらやさんに積み込んでもらいました・・・

    Dscf0641

    永塚圃場のハウスの横に山積みに・・・この後シートをかけて雨に濡れないように・・・晴れた日の日中は陽にあてて乾かします・・・

    朝9時から4時半ごろまでかけて軽トラ5台分・・・10時からお昼ごろは草刈りのお手伝いに・・・

    大事な仕事ではあるが、なんだか充実感のない1日かな・・・2tダンプで運べば1回分ぐらいの仕事・・・なんくる農園の畑はどこも軽トラしか入らない・・・

    ~和留沢地域の草刈りのお手伝い~

    Dscf0637 Dscf0639

    1回土を運んだ後、草刈り?のお手伝いに・・・

    草刈りというよりも木の伐採・・・取り敢えずこちらも山積みに・・・

    選定チップにして堆肥を作る・・・こんなに山積みにしたら後が大変では・・・

    | | コメント (2) | トラックバック (0)

    2010年12月12日 (日)

    越冬春とりキャベツ第2段定植・・・トンネル大根第2弾も徐々に準備・・・

    ~高田圃場~

    今日は幾分風が吹いている・・・キャベツを植えるかちょっと迷う・・・今後の作業、予定を考えると植えざるおえないか・・・

    苗の状態は悪くはない・・・スムースに活着し、少しでも早くに収穫したい・・・

    Dscf0618

    12月6日にトラクター

    Dscf0622 Dscf0624

    10月31日に播種したキャベツ(来陽)の苗・・・36穴の連結ポット・・・6トレー・・・

    4葉目が出始めてきた・・・二葉が徐々に黄ばんできている・・・

    何故か右側のトレーだけ苗がいじけた状態に・・・加湿だったのか?・・・

    去年は10月13日に播種・・・その後鉢上げをした・・・畑の準備が間に合わず鉢上げをしたはず・・・

    Dscf0625

    株間40㎝、2条千鳥植え・・・右隣に今月の20日ごろにトンネル・マルチで大根を作る予定・・・条間が40㎝になてしまった・・・50~60㎝の予定だったが・・・ちょっと狭すぎたか・・・

    昨年はポットに鉢上げした後、12月22日に定植・・・4~5月にかけて収穫・・・ちょっと収穫が遅かったのか・・・

    Dscf0632

    大根用にマルチを張った・・・75㎝幅のマルチ・・・サツマイモで使ったものの再利用・・・今度はトンネル用の支柱を設置・・・

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2010年12月10日 (金)

    “いのちの、ごちそう”・・・earth art cafe AOYAMAオープン!・・・夜の表参道をそぞろ歩く・・・

    時折なんくる農園のお野菜をご利用いただいている“ナチュラル フード スタジオ”さん・・・これまでは代々木で自然食のスクール運営し、インストラクターを養成していらっしゃいました・・・この度青山に拠点を移すことに・・・

    このたび、ナチュラルフードの料理を食べて、作って、買えるレストランと
    クッキングスクールとショップが融合した空間として、
    「earth art cafe AOYAMA」をオープンする運びとなりました。

    とのご案内をいただき昨日オープニングレセプションにお邪魔することに・・・

    沢山の“いのちの、ごちそう”をいただいてきました・・・

    有難うございました・・・

    お店の場所は・・・港区南青山3-8-27 芝崎ビル1階・・・気になる予算は、昼が約1200-1500円で、夜が約3500-5000円・・・11:00~22:00・・・年中無休・・・

    Dscf0604

    “earth  art  cafe”へようこそ・・・

    Dscf0606 Dscf0600

    入口までのアプローチ・・・

    Dscf0581

    入口を入ると先ずは吹き抜けの空間・・・

    Dscf0575Dscf0578Dscf0583

    正面には“いのちの、ごちそう”を身近にするショップ・・・有機野菜やお米、こだわりの調味料etc.・・・

    Dscf0587

    右手は“いのちの、ごちそう”を楽しみ、笑顔になれるレストランへの入口・・・

    Dscf0592

    ホールからオープンのキッチン・・・

    Dscf0589

    総料理長の 平田 優 シェフのご挨拶・・・

    「これまでは野菜は脇役だったが、これからは野菜をメインとするメニューで、野菜本来の旨味を出したい」

    Dscf0590 Dscf0591

    本日の“いのちの、ごちそう”

    このほかに“いのちの、ごちそう”を学び、多くの人の笑顔を作るキッチンスタジオも併設・・・

    ~ちょっと番外編~

    Dscf0607

    Dscf0612 Dscf0615

    表参道を青山から原宿まで散歩・・・素敵なイルミネーションを見ながらそぞろ歩く・・・

    以来ついつい口ずさんでしまう“原宿表参道、揺れて青山通り・・・”

    学生時代以来・・・数十年ぶりの原宿でした・・・今はもういない竹の子族・・・

    おっといけない明日は出荷の日・・・

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2010年12月 9日 (木)

    ようやく少しずつ収穫のベビーリーフ・・・色々な作型の大根をちょっと比較・・・

    ~ハウス~

    ようやくベビーリーフも収穫ができほっと一安心・・・

    Dscf0543 Dscf0568

    ベビーリーフもようやく徐々に収穫・・・ルッコラ、ビート、エンダイブ、ロログリーン、レッドオーク、チコリーの6種類にラディッシュやサラダカラシナを組み合わせながら・・・

    さらに少しずつ追い播き・・・

    かなり遅れてしまったアイスプラント・・・しばらくは緩慢な生育だろう・・・

    ちょっとベビーリーフがあると食卓が華やかに・・・

    ~ハウスの大根~

    11月3日播種・・・

    Dscf0566 Dscf0563

    順調に育つ大根・・・春菊と競合・・・この後育つのだろうか・・・

    アップで見ても葉はやわらかそうで葉大根としてもとても美味しそう・・・

    ~トンネル大根~

    11月6日播種・・・最初穴あきトンネル・・・現在穴なしトンネル・・・

    Dscf0451 Dscf0454

    ネキリの仕業・・・かなり欠株が目立つ・・・

    ハウスに比べて生育もゆっくりで葉もしっかり・・・

    ~露地の大根~

    9月20日播種・・・その後

    Dscf0570

    ダイコンハムシの襲撃でボロボロだったダイコン・・・少しは回復してきたが・・・なんとか小ぶりの大根ぐらいになってくれないか・・・

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2010年12月 8日 (水)

    来春に向けて人参のトンネル栽培・・・急遽播種・・・

    ~高田圃場~

    3日の大雨の後また今日の未明の雨の影響でまだ乾ききっていないが急遽人参を播くことに・・・昨年は13日に播種・・・

    人参の発芽には水分がたくさん必要・・・高田圃場は砂地で乾きやすいので十分湿った今日播種することに・・・

    種屋さんでは1月に播くと良いというが、12月に播いても1月に播いても収穫時期は同じだと・・・収穫時期の問題ではなく12月の方が気温も高く、雨が期待できるため・・・

    Dscf0535

    12月6日にトラクターをかけた後今日の未明の雨の影響でまだ濡れているが作業強硬・・・先ずは糸張りから・・・いつも75㎝幅だけれども、今回は大きめのトンネルアーチを使用するので90㎝幅に・・・

    手間でも糸を張りまっすぐにトンネルを張った方が風にも少しは強くなる・・・

    Dscf0537

    3条播き・・・先ずはいつものように三角穂で溝をきりそこに播種機で播種・・・べによし5寸・・・40ml・・・発芽しにくい時期なので少し厚めに・・・綺麗に発芽すると後の間引きが大変になるけれど・・・

    高田圃場で人参を作るのは今回初めて・・・

    Dscf0539

    播種終了後はパオパオをべた掛け・・・この1枚が結構役に立つよう・・・

    Dscf0549

    1850㎝幅の農サクビを使用・・・農POや農ビに比べて保温性には欠けるようだが、安価なのが魅力・・・厚みは0.075・・・

    葉物などは多少汚れていてもまたは破れていてもあまり気にしないのだが、人参や大根はしっかりと光を通すように汚れのないものを使うと良いらしい・・・

    Dscf0544

    ビニールを留めた後の裾は土をかぶせ密閉・・・密閉にすることが大事に・・・温度・湿度を十分に保つことになるのか・・・

    今後は2月初めごろまでこのまま・・・ちゃんと発芽していれば・・・2月の温かい日の日中に除草と間引き作業・・・発芽状態・草の生え具合によっては中々大変な作業に・・・

    順調に育てば4月頃より収穫・・・冬の人参に比べてあまり大きくはならないが・・・それでも柔らかくて美味・・・

    4月と言えば野菜の端境期・・・無事の生育を祈るばかり・・・

    | | コメント (2) | トラックバック (0)

    2010年12月 7日 (火)

    目標11月中の小麦の播種・・・本日ようやく終了・・・

    ~西大友大豆圃場~

    11月中には播種を終えたかった・・・12月でも発芽が上手くいけばそれなりに育つのだろう・・・ただ収量的にはある程度寒さが来る前に大きく育っている必要があるだろう・・・

    12月2日に播種予定であったが、翌日大雨の予報・・・大雨に打たれて地表が硬くしまったり、雨で流されることを心配して延期・・・

    5日に播種・・・まだまだ土が湿り表面が硬い・・・夕方あしがら農の会の総会があるため、途中で断念・・・

    本日7日に残りの3/5程度播種・・・5日よりは播きやすかったが、それでも中々きれいに播けない・・・発芽が上手くいくかどうか心配・・・

    Dscf0496

    先ずはスタートのラインを糸を張り、三角穂にて軽く溝を切る・・・

    Dscf0494 Dscf0520

    本来ならば播種機にマーカーをとりつけ次の種まきラインを出す・・・土がしまっていて、線が引けない・・・ということで播き終えたラインにマーカ―を合わせ播種機を走らせることに・・・

    3日の大雨の後土がしまり、まだまだ乾かないので播種機を走らせるのが大変・・・

    昨年は条間60㎝で播種・・・今年は40~50㎝にしてみた・・・

    来春5月に大豆の準備のために畝を作り直す・・・スコップで畝間の土を掘り上げる・・・そのために土を載せられるように、ベットの端にスペースをあける必要がある・・・そうすると3m幅のベットに播ける条数が少なくなるので、条間を狭めた・・・

    Dscf0518

    上手く覆土ができずに種が露出したり・・・どうしても播種機でタネを播く時、過湿状態、粗大有機物がたくさんあると播種がスムースにいかない・・・

    Dscf0528

    2日にわたっての播種なんとか終了・・・

    翌日の大雨を心配して播種を見送り適切な判断だと思ったが、ちょっと疑問に思うように・・・麦だから多少雨にたたかれて表面がしまっても発芽したのでは・・・まだ十分に乾いていないので播種がスムースにいかない・・・ここのところ気温も高かったが、明日から寒くなるよう・・・芽が動きかけたところで、寒さや霜の影響は受けないのか?・・・

    どうしても色々な仕事のからみ、天気などの影響もあり適期での作業ができない・・・

    Dscf0527

    こちらも大豆の収穫の後トラクターをかけた・・・今後は玉葱とソラマメを植える予定・・・

    昨年は玉葱を植えたが、タネバエが発生した・・・翌年1月末から2月初めにかけて植え直した・・・その分は少しは育ったような気がする・・・

    タネバエの発生の原因は昨年はかなり大豆やその残骸が結構落ちていた・・・それの影響が大きかったのではと考えている・・・

    今年は大丈夫ではないかと思っている・・・以前自分の畑で大豆と玉葱の組み合わせをしたことはある・・・特別良くできたわけではないが、タネバエが大量発生したことはなかった・・・

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2010年12月 6日 (月)

    ようやくソラマメの定植・・・

    延清圃場~

    11月1日に播種したソラマメ・・・かなりばらつきはあるが・・・本日定植・・・

    Dscf0505

    マルチを張る予定ではなかったが、急遽マルチを張ることに・・・いつものように両サイド溝を切り土をかぶせ張っていく・・・75㎝幅・・・薩摩芋の使ったマルチ・・・

    いつもは敷き草や敷き藁でマルチング・・・ビニールマルチを活用するとたぶん収穫が10~15日ぐらいは前進すのかな???

    左側には昨日小麦を2条播種・・・もらった南部小麦の種・・・発芽試験の結果1~2割程度しか発芽しなかった・・・播種機で一番厚播きに出来るようにしてみた・・・

    南部小麦の種とり・・・ソラマメの風よけ・・・そしてアブラムシの飛来防止・・・土づくり・・・多くのことを期待して・・・

    風よけなら西風が厄介なので、右側に小麦を播くのが正解なのだが・・・

    Dscf0508

    75㎝幅のマルチの横ぎりぎりの幅で2条植え・・・株間は45㎝・・・千鳥植え・・・本来はも少し条間を広げていところだが・・・

    なんくる農園ではあまり大きくならないのでこんなもんでも大丈夫か・・・

    アブラ虫よけで銀色のマルチを張ると効果があるのだろうか???

    Dscf0515

    まだまだ苗が余っているので、今度大豆畑の後作に植えてみよう・・・

    Dscf0511 Dscf0407

    右側は12月1日に撮影した菜花・・・左側は今日の様子・・・5日間でこんなに大きくなった・・・雨も降り、気温も高め・・・

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2010年12月 5日 (日)

    もしかして正式に農業者として認められたの・・・

    ここ5年間で新規に就農した人を対象にアンケート・・・我が町では8人が対象者・・・

                Dscf0482

    12月3日農業委員会から封書が届いていた・・・中を開けてみると全国農業会議所新規就農相談センターからの“新規就農者の就農実態に関する調査”への協力依頼・・・

    公共機関からこんな依頼がくるということは正式に農業者と認められたとのことなのか?・・・

    今日は配達の日・・・帰りに役所に寄ってみよう・・・

    農政課に寄ってみる・・・結論から言うと現在農地法上の農業者・・・胸を張って農業者と言って下さいと・・・なんじゃそれ・・・

    農家の登録台帳に登録されているといことか・・・農業委員会に寄ってみた・・・登録は申請して初めて登録されるということ・・・来年に向けて早速年内に申請しよう・・・

    就農当初農業委員会や農業技術センター等に相談に行くが中々農地を貸してもらうことができなかった・・・農業者として認めてもらう手立てがなかった・・・

    わったーより後から就農した仲間も他の近隣市町村でどんどん農業者として認められていった・・・

    2年ほど前行政の取り扱いも変わり、チャンスが出てきた・・・一定の農業経験を有したものならば、1年間利用権の設定により農地を耕作して特に問題がなければ農業者として認めらる・・・

    問題は一定の農業経験・・・この辺は各市町村で違うように思える・・・わったーは沖縄で2年間農事組合法人で洋ランの栽培に従事した、その前には会社役員として経営に携わったということで資格要件を満たすとのこと・・・もちろん1年間自然農法センターで研修も受けた・・・

    他の市町村ではこんなうるさいことは言わないはず・・・最近は若干緩やかになったとも聞くが・・・

    また、もうひとつ言われたのが、1年間では認められないかもしれない・・・いや2年以上はかかるとか・・・これも他の市町村では2年もかかるということはなかった・・・

    わったーの怠慢もあり、1年の経過後役所に確認することもしなかった・・・そして今回こういうことが判明した・・・すでに農業者であると・・・

    頑張って努力していた時の苦労からすると、なんとあっけない結末だろうか・・・苦労の甲斐があってようやく実を結んだ・・・やった~・・・という実感もわかない・・・

    年男の最後の最後になっての朗報なんだろう・・・久々にちょとら君にも感謝の意こめてご登場いただこう・・・

    農業者であると認められると農業委員会での扱いも違うんだな・・・こんな丁寧な扱い初めて・・・

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2010年12月 4日 (土)

    大雨の後・・・ことごとく作業延期・・・

    ~高田圃場~

    昨日の明け方の大雨そしてその後の大風・・・

    あちこちの畑のトンネルをなおし、土の乾き具合を確認・・・

    小麦の種まき・・・ソラマメの定植・・・越冬キャベツの定植第2段・・・

    午前中も午後も土が乾かずどの作業も延期・・・明日・・・

    明日は午前中は朝市・・・夕方からはあしがら農の会の総会・・・

    12:00~15:00の間にどこまでできる・・・

    作業中に電話・・・明日畑を案内して欲しい・・・

    あ~ぁ

    Dscf0474

    まだ十分土は乾いていない・・・先日耕運機を焼きつかせてしまった・・・作業は遅れ気味・・・次々と予定が・・・

    先ずは畝立て・・・今後越冬キャベツの定植・・・トンネル大根播種・・・トンネル人参播種・・・

    Dscf0470

    今回は人力にて・・・スコップで畝上げ・・・まだまだ土は湿っているが、ここの土は砂質・・・ダンゴのようには固まらない・・・乾いたらレーキで土ならし・・・

    3m幅×30mのベット3ベット完成・・・

    Dscf0477

    ベットを作りながらセレベスの里芋の土寄せ・・・冬支度・・・

    あともう少し収穫した後は種イモに・・・土を少し寄せただけでは完全な冬支度とはならないが・・・

    ~ちょっと番外編~

    Dscf0449

    今朝も富士山がきれいだった・・・この大きな建物なんとかならないかな・・・

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2010年12月 3日 (金)

    ビニールトンネルで葉物の播種!第2段・・・

    ~永塚圃場~

    ビニールトンネルを活用した葉物作り第2段・・・昨年は12月7日播種・・・2月初めから徐々に収穫・・・

    2日は小麦の種を撒く予定でいた・・・明日の未明豪雨の予報・・・ちょっと心配なので中止・・・ということで葉物を播種しよう・・・ビニールトンネルを活用するので雨は防げるだろう・・・

    この記事は1日遅れの記事なので、今日の未明は大変な雨だった・・・畑が田圃状態・・・小麦の播種中止は正解だった・・・

    葉物は大丈夫そう・・・

    Dscf0414

    トラクターをいつも一定方向にかけるので、どうしても後ろ側に土が寄ってしまう・・・1輪車で土砂を移動し、出来るだけ土が偏らないように・・・

    Dscf0418

    75㎝幅で糸を張り、その中に三角穂で3条分の溝を切る・・・この溝の中に播種機で種を撒いていく・・・

    Dscf0421

    溝のくぼんだ所に種が播かれた状態・・・こうすることで底の部分に水分が集まる・・・発芽当初若干の風よけになったりするそう・・・少しは温かい?・・・

    75㎝幅で間隔1200でアーチを設置していく・・・本来はもっと狭い間隔で設置するよう・・・資材の節約・・・間隔が広いと風には弱い・・・

    Dscf0430

    小松菜、しゃぶしゃぶ菜、菠薐草を各3条分播種・・・今回はすべて穴なしビニールトンネルに・・・最初は幾分徒長気味に育ってくれて、徐々に寒さにあたりしまってくれるイメージではあるが・・・上手くいくときもあれば、失敗する時も・・・

    野菜ゾウムシやアブラムシには注意・・・

    種屋さんから勧められたしゃぶしゃぶ菜・・・非結球白菜のようなもの?・・・山東菜とはどう違うのかな・・・

    小蕪も播種する予定いでいたが種がなかった・・・後日改めて・・・蕪はパオパオをべた掛けしてトンネルをする予定・・・低温肥大性を高めるため・・・

    ~播種機:クリーンシーダ~

    Dscf0428

    ギアの下の部分の三角の部分で溝を切りながら、種を落とし、その後ろで覆土。その後を、左側のローラーで鎮圧していく・・・

    研修先の自農センターで使用していたのでこれを使うように・・・ごんべいよりも使いやすいと言っていたが・・・理由は覚えていない・・・

    Dscf0426

    野菜の種類に合わせて黒い円形のロールを交換・・・野菜の種類によって穴の形や大きさや数が違う・・・今回はこれで菠薐草を播種・・・

    Dscf0424

    ギアの大小や組み合わせを変えることによって株間を調整・・・ロールの穴の数とギアの組み合わせで、株間5~50㎝ぐらいまで調整できる・・・

    次回は小麦の播種に使用予定・・・

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2010年12月 2日 (木)

    ようやく早生玉葱の植え付け・・・

    延清圃場~

    極早生の浜育ちは11月11日に植えつけた・・・今のところ順調・・・11月中に早生のソニックは植えたかったが、苗が小さかったので様子を見ていたが・・・12月1日植え付け・・・

    中生のターボと晩生のネオアースもそろそろ植えつけたい・・・

    Dscf0391 Dscf0393

    左側の右2列は早生のソニック・・・これから掘りとります・・・小さいのでしばらく様子を見ていましたが・・・

    右側の写真は中生と晩生の苗・・・育ちが悪かったので穴あきトンネルをしてみた・・・幾分快復した感はあるが・・・こちらも来週には植えつけたい・・・露地の環境にならすためにトンネルをはずさなければ・・・

    Dscf0397

    苗の状態、今年も小さめ・・・左端ぐらいの苗が平均ならまだ良いのだが・・・世間一般の苗はもっと大きめか・・・小さめでもたまがしっかりしていれば十分育つのだが・・・かえって小さめの方が活着は速い・・・

    玉葱は冬の間地中で根を伸ばす・・・この根の張りが春のたまの肥大に影響する・・・立春すぎより葉が伸びるころには窒素を吸収し、たまが肥大するころにはリン酸を必要とすると聞いたことがある・・・遅くまで窒素が効きすぎるとたまは大きくなるがしまりの緩い玉葱になり日持ちが悪くなる・・・

    なんくる農園の玉葱はいつも小さいものばかり・・・今年はどうだろう・・・ほどほどの大きさが良いのだが・・・

    Dscf0409 Dscf0413

    90㎝幅5条植えのマルチに植え付け・・・苗が小さいので植えたかどうかわからない・・・

    早生約1000本・・・昨日大工さんからもらった赤玉葱湘南レッドを100本強奥に植えた・・・

    Dscf0407 Dscf0404

    玉葱の隣りの畝は11月11日に植えつけた中生と晩生の菜花・・・少しずつ大きくなっているよう・・・

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2010年12月 1日 (水)

    麺打ち機で自家製そば・・・うどんもOK・・・

    ~麺打ち機・・・欲しいな・・・~

    先日知人の大工さんに自家製のうちたてのそばをいただいた・・・そばそのものを作っているらしい・・・なんくる農園でも以前は作っていたが・・・今は手が回らないので・・・

    今日、大工さん宅に用事があって寄ってみると、この前のそばはこの機械で作ったと、麺打ち機を見せてもらった・・・

    Dscf0382

    麺打ち機・・・親戚の蕎麦屋から譲ってもらったという麺打ち機・・・今は50~100万ぐらいでかなり性能の良い、コンパクトな機械は売っているが・・・ついつい欲しくなるが・・・

    近くにこんな機械をもっている人がいたなんて・・・今度なんくる農園産の小麦でうどんを作らせてもらうことに・・・

    Dscf0378

    ここに粉を入れて捏ねる・・・

    Dscf0380

    捏ねた粉をここから入れると徐々に伸ばされていく・・・これを何度か繰り返した後、麺を切る・・・好みの太さ長さに切る・・・

    ~先日に引き続き色々といただきました~

    Dscf0386

    最近はやりのジャンボ落花生・・・おおまさりか?・・・大工さんの親戚(農家)が千葉で作っているらしい・・・

    来年は作ってみようと思っていたが・・・種は高いので、いったん種を増やさなければと思っていたのでラッキー・・・

    Dscf0388

    玉葱の苗も作りすぎたとか・・・先日は中生の玉葱をもらった・・・すでに植えつけたが・・・

    今度は湘南レッド・・・赤玉葱の苗を貰った・・・なんくる農園でも苗を作っている・・・どこに植えようか・・・

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    « 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »