« 今度はハウスにベビーリーフを播種・・・ | トップページ | ようやく芽キャベツの定植・・・引き続きキャベツ類の管理作業 »

2011年9月26日 (月)

堆肥の比較試験・・・

~小田原有機の里協議会~堆肥の比較試験・・・小松菜の種まき・・・9月25日

小田原有機の里協議会における・・・堆肥の比較試験・・・

昨年から今年にかけて小麦を栽培をしていた畑・・・

小松菜で堆肥の比較試験・・・

そのあと11月には小麦を播種予定・・・

種まきのお手伝いの依頼があったので・・・播種機をもって・・・

なんくる農園では緑肥を中心に土作りを行っている・・・すべてを緑肥で賄うのは難しく・・・

時折笹村養鶏園さんの鶏糞を分けていただいたり・・・

補助的に堆肥を活用したい・・・

有効腐植につながる・・・生物性豊かな堆肥が欲しい・・・

良好な堆肥が簡単に手に入れば・・・多くの有機栽培を実践する人たちにとってはとても心強いものだろう・・・失敗も少なくなるだろう・・・

有機農業を広める入口には・・・かなり重要・・・有効なものと思う・・・もちろん堆肥がすべてとは決して思わないが・・・

有機物を活用した土作りの方法は多種多様だろう・・・

生の状態から・・・半生・・・完熟・・・

窒素分の多いものから・・・炭素分の多いもの・・・

その特性を理解し・・・使いこなせるようになれればと・・・

個人の思い・・・畑の状態・・・地域の事情によって・・・活用しやすいい有機物は色々だろう・・・

その事情に合わせた活用方法・・・

たった一つの方法しかありえないということは絶対ないだろう・・・

自然はとても懐は深いように思う・・・

土作りは目に見えない微生物が中心の世界・・・

無限大の宇宙に対比して・・・無限小の世界・・・

どれほど科学が発達しても・・・0になる一歩手前のものが見えることはないともうが・・・

土作りに対する自分なりの思いをもう少し整理していきたいとは思っているのだが・・・いずれ・・・

2011_0925

まだ少し草が残っているので・・・播種機をスムースに転がせない・・・

一旦三角穂で播き溝を掘り・・・播種機で・・・

まっすぐに播くとのことですが・・・畑の土の状態で・・・中々上手に播けない・・・

お米と一緒で・・・耕運・代搔きが上手でないと・・・まっすぐ田植えが出来ない・・・

2011_0925_2

立派な看板が・・・

この看板をみて・・・種まきに緊張感が・・・

2011_0925_3

鶏糞・二見健やかファーム・段ボール堆肥・豚プン・落ち葉藁堆肥・樹木堆肥(3年もの)・小学校生ごみたい肥計7種・・・+鶏糞の投入量を替えて計10試験区・・・

これまでの準備は笹村養鶏園さんが・・・

ハンマーナイフで草を砕いた後・・・ちょうど3週間前に各堆肥を散布・・・トラクター・・・

草が生えてきたので昨日改めてトラクター・・・

昨日すき込んだ草がまだ残る状態・・・

堆肥による大きな違いがあるのかないのか・・・

|

« 今度はハウスにベビーリーフを播種・・・ | トップページ | ようやく芽キャベツの定植・・・引き続きキャベツ類の管理作業 »

あしがら農の会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 堆肥の比較試験・・・:

« 今度はハウスにベビーリーフを播種・・・ | トップページ | ようやく芽キャベツの定植・・・引き続きキャベツ類の管理作業 »