« 極早生キャベツの種まき・・・ | トップページ | 極寒の中の可愛い人参の葉・・・人参の2重トンネル栽培・・・ »

2012年1月13日 (金)

年の瀬にあたり、ふくしま有機ネットからの訴え~有機農業者・減農薬生産者のコメの支援をお願いします~

~年の瀬にあたり、ふくしま有機ネットからの訴え~有機農業者・減農薬生産者のコメの支援をお願いします~~

原発事故から10カ月が過ぎ・・・

益々各方面にその被害は広がるいっぽう・・・

福島の子供たち・・・女性・・・農林漁業者・・・

食の安全・・・

自然循環・・・豊かな自然環境を守り後世に伝えていきたい・・・

そんな思いをもちながらまじめに農業に取り組んできた人たち・・・

悲壮な思いが・・・

同じ自然農法・有機農法を実践するものとして・・・

どうすべきなのか・・・何ができるのか・・・

放射能の問題に敏感に・・・とても苦しんでいる友人知人も沢山いる・・・

食・・・作るものがいて・・・食べる人がいる・・・

食べる人がいるから・・・作る人がいる・・・

放射能問題に関してはともに被害者であることは間違いないはず・・・

~知人のブログからかき引用・・・~

年の瀬にあたり、ふくしま有機ネットからの訴え~有機農業者・減農薬生産者のコメの支援をお願いします~

3・11大震災・原発事故に揺れた2011年の年末にあたり、この1年の温かいご支援、ご協力に心から感謝を申し上げます。

年の瀬のこのときに、伊達市(霊山町)のイチゴ農家、二本松市(東和町)のりんご農家が自ら命を絶ちました。もうこれ以上農民から犠牲者を出さないでください。福島県の米は農協の倉庫に業者の倉庫にそして農家の納屋に生き場をなくして年を越す状況にあります。

とくに消費者との産直で取り組んできた有機米、減農薬米の生産者の「これでは年を越せない」との悲痛な声に耳をかたむけてください。

すでに報道されているように、検査の結果100ベクレル以下は95%(不検出は85%)であり、基準値を超えたのは0・3%です。もちろん検査し、不検出の米のみの支援をお願いするものです。出荷停止となっている伊達市小国地区などの地域は特異な例であり、それをもってすべての福島県産米が否定されることは悲しくてなりません。セシウムの米への移行が極力少ないことが検証され、来年の米づくりに光りが見えてきているこのときに、この希望の芽に心を寄せて下さい。

責任は東電にあり、農民を責めることができるでしょうか。

原発のない新しい時代を創るために今こそ、都市と農村の新しい関係を構築していくこと、私たち農民も農の営みを続けて、さらに安全安心なふくしまを再生していくことを約束して、緊急に米のご支援を訴えさせていただきます。

                         2011年12月30日

                         NPO法人福島県有機農業ネットワーク

                                 理事長  菅野正寿

※支援を求めている農家は多数あり、販路を求めている米は数十トンにのぼります。詳しいお問合せ・連絡はふくしま有機ネット事務局(齊藤登 yuuki@farm-n.jp TEL0243-24-1795)までお願いします。

|

« 極早生キャベツの種まき・・・ | トップページ | 極寒の中の可愛い人参の葉・・・人参の2重トンネル栽培・・・ »

なんくる農園」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 年の瀬にあたり、ふくしま有機ネットからの訴え~有機農業者・減農薬生産者のコメの支援をお願いします~:

« 極早生キャベツの種まき・・・ | トップページ | 極寒の中の可愛い人参の葉・・・人参の2重トンネル栽培・・・ »