« 大急ぎで葉物各種から大根の種まき・・・ | トップページ | 合間を縫ってのトラクター・・・ »

2017年9月20日 (水)

~小田原有機の里づくり協議会:視察研修in松本~・・・

~小田原有機の里づくり協議会:視察研修in松本~・・・9月20日
 
いよいよ今日は小田原有機の里づくり協議会主催の視察研修・・・
 
in松本・・・
 
午前中は石綿さんのHappy Village Farm・・・
午後は自然農法センター・・・
 
 
 
・・・Happy Village Farm・・・
Photo
 
最初に見させていただいた圃場はカボチャの後キャベツ大根に切り替わった畑・・・
 
地元の人も匙を投げるほどの荒れ地、放棄地だった圃場らしい・・・
 
アレチウリといわれる厄介な草が繁茂・・・
 
今はすっかりおとなしくなって・・・
 
それを抑える方法としての耕種的方法・・・
 
深さを変えながらの3回の耕起・・・
 
ネズミ対策としての圃場まわりの耕起・・・
 
連作障害・・・
 
アブラナ科の根こぶ対策の考え・・・
 
緑肥(イネ科)の特性を活用・・・

1

場所をハウストマトに移し・・・

第2のピークを9月に持ってくる考え方・・・

主枝の更新・・・

着果時期との関係・・・

ネギ類の混植・・・

残渣の戻し方・量・・・

なんくる農園でハウスのすべてのトマトを9月に第2のピークを持ってくるとそのあとの作付けに影響・・・

作付けの流れを考慮しながら一部を試してみる・・・

あまりにも多くの作物を栽培しているの思い通り管理できるか・・・

土づり方法も考え直す点も・・・

2

皆さんの質問も中々絶えることなく・・・

2_2

お昼は長野といえばお蕎麦・・・

そばはおいしかった・・・

・・・自然農法国際研究開発センター・・・

Photo_2

先ずは畑作展示圃場・・・

Photo_3

十数種類のキャベツの品種試験・・・

品種による生育、虫害・・・

これほど違うものかと・・・

Yr

特に虫害に大きな差があるような品種・・・

YR優緑?

ブルームレスキャベツ?

他の品種よりも圧倒的に色が濃く虫を呼びそうだけれど・・・

蝶はまず葉色(濃淡)でキャベツを選び、とまり足で確かめ好みのキャベツを選び卵を産む・・・

ただヨトウ虫とうには抵抗性はないらしいが・・・

Photo_4

品種の違いによる食味等の違い・・・

Photo_5

トウモロコシのあとの白菜・・・

ネズミによる被害に悩まされているよう・・・

Photo_6

大豆・・・

Photo_7

驚くほどのすずなり状態・・・

条間が75㎝に広がったことも要因のようだが・・・

これまでの履歴の関係も・・・

ボカシガこれまでに多めに投入されてた圃場らしい・・・

Photo_8

カボチャのあとの大根・・・

敷草にはエンバクとヘアリーベッチ・・・

エンバクだけでは抑草に限界も・・・

ヘアリーベッチで早期に草を抑えることも・・・

Photo_9

最後に水田も・・・

Photo_10

無肥料区・・・

無除草区・・・

これと言った草もなく・・・

ただ収量は慣行の60%くらい・・・

余分な養分を草に取り込ませない施肥による増収・・・

分げつが少ない分は植え付け本数で調整・・・

Photo_11

稲にやる気を起こさせる・・・

草にやる気を抑えさせる・・・

田植えのタイミング・・・

水温がある程度確保されてからの植え付け・・・

稲に適する土づくり・・・

藁の分解・・・

秋起しをなるべく早めに・・・

分解を促進させ、土になじませる・・・

最後に今回大きく考えさせらえる点も・・・

これまで腐植につながる有機物の還元を大きな柱として土づくりをして来たけれど・・・

当初の緑肥草生栽培からトラクターを活用するようになり有機物の多投を・・・

残渣をもちろん活用しているけれど・・・

残渣を中心に不足分を必要最低限補っていく考え・・・

もう少し作業も養分も効率的に回すことが肝心ということだろうか・・・

 

|

« 大急ぎで葉物各種から大根の種まき・・・ | トップページ | 合間を縫ってのトラクター・・・ »

なんくる農園」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ~小田原有機の里づくり協議会:視察研修in松本~・・・:

« 大急ぎで葉物各種から大根の種まき・・・ | トップページ | 合間を縫ってのトラクター・・・ »