あしがら農の会

2015年12月13日 (日)

今年最後の朝市からあしがら農の会自給祭・・・

~小田原まちなか市場・あしがら農の会~今年最後の朝市からあしがら農の会自給祭・・・12月13日

今日も忙しい1日・・・

畑作業は進みません・・・

明日は出荷準備がメイン!

Photo_2

小雨降る中今年最後の小田原まちなか朝市・・・

今年も1年無事勤め上げることが出来ました・・・

皆様に感謝!

来年は1月10日スタート!

よろしくお願いいたします・・・

Photo_3

午後からはあしがら農の会2015自給祭!

最近は中々活動に参加することは出来ないけれど・・・
何もしないでただただ今日はごちそうをいただき、楽しい音楽タイム・・・
歌が歌える、楽器が弾ける、絵が描ける・・・
ただただうらやましく思うばかり・・・
上手い下手なんて気にしなければ誰でもできることなんだけれど・・・

Photo_4

今日はこのまま余韻を残して終わればいいけれど・・・
ついつい畑で・・・人参を収穫して洗って・・・
でもこれをまた楽しいと感じてしまんだよね・・・

今年ももうあと3週間もないんだね~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月13日 (土)

~もみすり機のだっぷファン&ライナーの交換~・・・

~もみすり機のだっぷファン&ライナーの交換~・・・6月12日

共同機械のもみすり機・・・

今年はわったーが担当ということで・・・

今日は雨で夕方早めに畑仕事を切り上げ夜にかけて部品の交換に・・・

交換に2か月もかかってしまった・・・

仕事が遅いですね・・・

Photo_2

今回の交換部品・・・

だっぷファン、ライナー・・・そして紛失したキー・・・

Photo_3

交換場所は・・・

先ずはふたを開け・・・

Photo_4

ねじ止めしてあるライナーを交換・・・

何故だか穴が開いている・・・

Photo_5

だっぷファンを比較してみると右側のファンが不自然な削れ方・・・

鉄などの異物が引っかかって摩耗したように思える・・・

Photo_6

新しいだっぷファンに交換した後、軸とファンを固定するためのキーを差し込み・・・

平らになるまでしっかりと差し込み・・・

今回このキーがなくなっていた・・・

このキーがないと軸とファンが固定されない・・・

このキーがはずれたまま稼働してファンやライナーを不自然に破損させたのではないかと勝手な推測を・・・

Photo_7

ねじ止めして完了・・・

Photo_8

動作確認の範囲では問題はないと思われるが・・・

作業確認は最初に使う人にお任せするしか・・・

続きを読む "~もみすり機のだっぷファン&ライナーの交換~・・・"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月22日 (水)

もみすり機のだっぷファン&ライナーの確認・・・

~あしがら農の会~もみすり機のだっぷファン&ライナーの確認・・・4月21日

就農12年を迎えこれまで色々な機械をそろえてきたけれど・・・

お米の調整の機械は人頼み・・・

乾燥機&もみすり機・・・

もみすり機はあしがら農の会の機械を一緒に使わせてもらっている・・・

数ある機械にそれぞれ管理担当が決められている・・・

わったーは今年はもみすり担当ということで・・・

ただ今故障中という引継ぎで、先ずは状況を確認せねばと・・・

昼間は忙しくて時間が取れず、夜も自宅で作業はするけれど・・・

夜先ずは状況確認に・・・

そしてとりあえず状況をブログで記録しておくことに・・・

Photo_8

だっぷ部分に不備があるらしい・・・

消耗品の交換が必要・・・

Photo_9

カバーをあけてみる・・・

Photo_10

だっぷファンを外し、その周りのライナーを確認・・・

Photo_11

ライナー部分に破損のあと・・・

ビニールテープで応急処置をしているのだろうか・・・

この二つの部品の交換ということだろう・・・

Photo_12

ちょっと何かおかしいと思ったら、だっぷファンをとめる部分のピンがない・・・

これがないと止まらない・・・

あちこち探してみたけれど、ピンも購入しなければ・・・

先ずは農機具屋さんに部品の確認から・・・

続きを読む "もみすり機のだっぷファン&ライナーの確認・・・"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月15日 (月)

~あしがら農の会の今年一年の締めくくり・・・総会&自給祭~

~あしがら農の会の今年一年の締めくくり・・・総会&自給祭~・・・12月14日

最近はなんくる農園の農業活動が忙しくて中々あしがら農の会の活動に参加する余裕がなくなり・・・

毎月定例の集まりにも常に朝市の前日で参加もできず・・・

今日は1年の締めくくりの総会&自給祭・・・

午前中は小田原まちなか市場プチ朝市・・・

朝市のあと選挙に行ったと、自給祭に・・・

今回の選挙ほど投票用紙の前で考え込んでしまったことはない・・・

これはダメとはすぐにいえるけれど・・・ではどうしよう、どう託そうと・・・中々答えが見えず・・・

ほんのささやかな一票だけれど、最大限自分の思いを表現できる票を頑張ってあらわしたけれど・・・さて

Photo_6

到着した時には総会も終わりすでに各会の紹介が始まっていた・・・

Photo_7

わったーも所属する山ちゃん田んぼの紹介では・・・

古代赤米:神丹穂のお飾りの紹介販売も・・・

今朝の朝市でも結構売れました・・・

田んぼの大きな資金源に・・・

Photo_8

料理の会の説明では菜こんたんの伊藤シェフが・・・

小麦の会の小麦を使って、自給のお野菜をふんだんに使って、何ともだしの利いたすいとんをいただきました・・・

そのおいしさに感動するはもちろんのこと、今日の伊藤シェフの動きに大きく感銘いたしました・・・

手際よくすいとんを準備、うどんを茹で上げるのは当たり前でしょうが・・・

お汁が覚めてきたら温かいものにさっと取り換え、遅れてきた人のために温め直したり・・・

どこでどう見ているのか素早く動く気遣いに・・・

一国一城のお店を構えるオーナーシェフでありながら身の軽さ心遣いに・・・

ごちそうさまでした・・・

でもよくよくみれば多くの方がおもてなしの心でこの自給祭を盛り上げているのだろう・・・

自分で作物を育てその喜びと苦労を知り、食べる喜びを知り、その喜びを人に伝えるため分かち合う喜びを知る・・・

小学校の学校菜園でもその思いが少しばかりでも芽生えている・・・

感謝は感謝を生む・・・

Photo_9Photo_10Photo_11

もう一つの感銘はこのヌードルマシン・・・

ずっと欲しいと思ってはいるけれど・・・

やっぱり欲しい・・・

自分の作った小麦でこの生めんを食べたい・・・

食べたい・・・

ただ食べたい・・・

なんくる農園の野菜作りの基本は食べたいから始まるのかな・・・

Photo_12

意外と片付けも楽そう?・・・

やっぱり欲しい・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月27日 (金)

~今年最後の宅配&夜は忘年会~

~今年最後の宅配&夜は忘年会~・・・12月27日

今日は今年最後の宅配の日・・・

毎年年末年始にかけて1週間配達をおやすみに・・・

年明けの配達開始は1月7日(火)・・・

PhotoPhoto_2

農の会の生産者が集まって立て直した出荷場・・・

毎週火、金曜日にこの出荷場に集まってから配達へ・・・

わったーがあしがら農の会にかかわり始めたころにはここでいったん持ち寄った野菜をそれぞれ担当するお客さんに振り分け配達。だんだん利用者が増えだし時間短縮・効率化のためそれぞれ配達担当者の野菜をあらかじめ準備して過不足の野菜を融通するスタイルに・・・

月に1回だけシャッフルと称して自分以外の人の野菜を中心にお届け・・・

新規就農者の集まり・・・当初は自分一人では1年間野菜をそろえるのはなかなか難しかったけれど・・・年々技術もそれぞれ向上し・・・

一人二人と独自に宅配を始める人たちも・・・

現在はわったーを含め4軒の野菜生産者と豚肉の生産者のみに・・・

あしがら農の会の運営も生産者が中心にになっていたこれまではここで集まった時に色々と打ち合わせをしたり・・・

去年から本来の農の会の姿らしく自給を目指す人たちが中心に運営されるように・・・生産者各自もそれぞれに独自に活動したりとみなさんが忙しく・・・ここに集まるメリットもたくさんあるけれど時間のロスも多くなり・・・

ついに今年いっぱいでこの出荷場に集まるのは最後に・・・来年からはそれぞれ独自に配達に・・・

ちょっと寂寥感も・・・

野菜の過不足のやり取り、日々の連絡はFBを活用して・・・わったーを含めアナログ生産者が多いけれどどんなもんでしょう・・・

今までは集まるという物理的つながりがあったけれど今後はどう展開していうか誰もわからない未知の領域・・・

それぞれの目指すもの・考えは必ずしも一致するものばかりではないけれど・・・それぞれの違いを認め合い、尊重しあいながらどう共生していけるものか・・・

多くの農業者の集まりは農法や販売のつながりで保たれるもの・・・

理想ではなく現実の集まり・・・

観念的に集まるのは夢も広がるが困難も多いかも・・・

来年1年は模索の年かもしれません・・・

来年に向けて今一度農業を始めた思い、これまで変化してきた思い、育んできた思いを今一度整理して考えてみたい・・・

~夜は生産者の忘年会~

Photo_3

Photo_4

毎年年内最後の宅配を終えた後みんなが集まって忘年会を・・・

それぞれが自慢の?料理を持ち寄って楽しいひと時を・・・

今年は新たに2名の方が参加・・・

新たな思いを持った方々・・・

今までとはまた違った思いも・・・

何が正しいということはないだろうが・・・

Photo_5

今年もクリスマスプレゼントが・・・

それぞれ持った紐の先にささやかなプレゼントが・・・

わったーはハサミを・・・

すぐにどこかに忘れてしまうのでありがたい・・・

楽しいひと時でしたが・・・

今日は雨が降り底冷えのする1日・・・

今日はお腰の状態が・・・

ちょっと先に失礼することに・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月15日 (日)

あしがら農の会の総会&自給祭・・・

~あしがら農の会~あしがら農の会の総会&自給祭・・・12月14日

今日の午後はあしがら農の会の総会&自給祭・・・

3~4年振りだろうか・・・

ここのところ総会と懇親会程度・・・

農の会も今は本来の姿でもある自給を試みる、楽しむ人たち・・・

自給的に農に関わる市民農の方たちが中心となり動き出している・・・

自ら汗水ながし育てた自然の恵みに感謝して美味しく頂く・・・

その喜びを仲間とともに分かち合う・・・

ごく自然の営み・・・

自然と歌が生まれ踊りだす・・・

もちろん歌の苦手な人もいる・・・

囲炉裏を囲んで

おしゃべりに興ずる空間もあれば・・・

2013_1214

開成町にある古民家瀬戸屋敷・・・

今年も会場はここです・・・

2013_1214_2

先ずは屋敷の奥にある土蔵で総会・・・

ここ数年で農の会も大きく変わってきている・・・

2013_1214_3

壁面には田んぼの会・大豆の会・小麦の会・お茶の会・料理の会や生産者の紹介が・・・

お米やみその品評会も・・・

2013_1214_7

わったーも所属する山ちゃん田んぼの紹介も・・・

2013_1214_4

小麦の会の小麦で焼かれたパンが到着・・・

ブドウの酵母で焼かれたパンが・・・

とても甘みの強いパンで・・・

2013_1214_5

やっぱり餅つきは欠かせないのかな・・・

2013_1214_6

自給祭のメインディッシュ?・・・トン汁・・・

農の会に関わる生産者の豚肉やお野菜がたっぷりと・・・

こんな可愛いトン汁の紹介が・・・

今年も菜こんたんの伊藤シェフのご協力のもと美味しいトン汁をいただくことに・・・

2013_1214_9

今年は音楽で盛り上がっています・・・

あしがら農の会の歌までできていました・・・

2013_1214_102013_1214_11

音楽に合わせて子供もお母さんも楽しく踊りだし・・・

念願の赤ちゃんを授かり幸せ満面の仲間も・・・

子供や赤ちゃんは可愛い・・・力を与えてくれます・・・

念願の赤ちゃんを授かりながら不幸にも尊い命とすぐに別れを余儀なくされた仲間も・・・

何の声も掛けることはできず・・・

励ましてあげたい・・・けれど何もできず・・・

前を向いて歩んでいかれることをただ祈るだけ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月18日 (月)

~小田原有機の里作り協議会・・・農業祭りに出店~・・・

~小田原有機の里作り協議会・・・農業祭りに出店~・・・11月17日

毎年11月の第3土日は農業祭りが行われる・・・ツーデーマーチと共催・・・

小田原有機の里づくり協議会で出店・・・

あしがら農の会はその一員・・・

有機野菜をみんなで出品・・・

なんくる農園もほんの少しだけお野菜を・・・

店ばんはボランティアで交代制・・・

わったーは最後の片付け・搬出・・・

2013_1117

終わり間際であちこちのお店は売り切れも・・・

2013_1117_2

有機の里づくり協議会のブースの前は人だかりが・・・

2013_1117_3

最後のお野菜を求めて人だかり???

2013_1116

野菜の中にこんなものが・・・

トンプン堆肥・・・

農の会の仲間のこぶた畑さんのトンプン堆肥・・・

こだわりの豚肉は苦さ味もなく美味しい人気のお肉・・・

こだわりをもって育てているぶたさんの堆肥・・・

可愛いぶたさんのイラスト付きで思いが切々と・・・

利用方法も丁寧に書かれていて有難い・・・

今年はお天気にも恵まれて無事終わり万々歳!

皆さんお疲れさまでした・・・

今日はいい一日、最高の日・・・となるはずが・・・

大きなショックが、そのギャップで・・・

今週末は軽トラ市・・・

明日からも忙しい日々が続く中・・・

気力がわかないと・・・とおもったけれど・・・

でも最後は良かったのかな???

一晩休んで明日も頑張りましょう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月10日 (月)

~あしがら農の会の定期総会~

~あしがら農の会の定期総会~12月9日

毎年12月となるとあしがら農の会の総会が行われます・・・

以前は収穫祭と同時に行われていましたが、

ここ数年来は総会と簡単な懇親会との組み合わせ・・・

2012_1209_2

あしがら農の会の定例会は開成町の瀬戸屋敷で行われることが多い・・・

以前は大規模な収穫祭もここで行われたことも・・・

色々と楽しい収穫祭でした・・・

今はそれぞれがとても忙しく中々収穫祭まで行える余裕がなくなってきました・・・

でももしかしたら今後また復活することもあるのだろうか?

2012_1209_3

第2部の懇親会もいよいよスタート・・・

いつものようにおにぎりなどのご飯を各自用意して・・・

自慢の1品などもも持ち寄り・・・

歓談しながらのお食事・・・

2012_1209_4

色々なお料理がお腹いっぱいになってもまわってきます・・・

2012_1209_5

そして温かい1品として具だくさんのお汁・・・

野菜などの具はそれそれが鍋に入れられる状態で持ち寄り・・・

誰かが当番で味をきめる人が・・・

なんと今回はプロのシェフ・・・菜こんたんの伊藤さんに決めてもらいました・・・

伊藤シェフは農の会の設立当時から農の会の活動を支えてくれたシェフ・・・

農の会の野菜もお店で活用していただいています・・・

さらに今回は仲間の貴重な豚肉・・・こぶた畑さんのお肉をふんだんに使われています・・・

これから先はまとまりもなくちょとうだうだと書いてしまった・・・整理もつかず書こうとしたことのごくごく一部・・・

2年前に代表としてのお役目は何もできないと言うとても無責任な形で引き受けた、あしがら農の会の代表・・・といっても農の会は多くのみなさんで運営されてきた・・・何もすることなく2年が過ぎたのかな・・・農の会の代表はこれまで生産者(農業者)が担ってきていましたが、今回初めて生産者ではない、市民農と言われる自給的に農に関わるメンバーの方が新たに代表を引き受けてくれることに・・・新規就農者が徐々に増えることとなり農の会の宅配も広がり、と同時に、それ以上に市民的に農に関わる活動が広がっている農の会・・・昨年来の放射能問題でその活動にも大きな影響を受け、今年度ではその活動を縮小したり整理したりも・・・無理なく運営できる状態に。これから益々自給的に農に関わる人が増えていくだろうこの時代にマッチする形で農の会も市民農の代表が誕生。これから新たな形の農の会が作られていくのだろう・・・今日の総会では新代表の掛け声とともにこれまであまり運営面に関われなかった人も一緒になって活動を支えていけそうな雰囲気も・・どんな組織でも新たな風が吹くといことはとても大事なこと、新鮮なこと・・・

わったーもなんくる農園としての農業活動が益々忙しくなってきている・・・今後どのような形で農の会の活動にかかわっていけるのか・・・無理なく、自分らしく、自分なりに関わっていく形を模索していくのだろう・・・わったーが今現在農業をなんとか営んでいられるのは多くの支えがあってのこと・・・その一つがあしがら農の会であり、その仲間のみなさんであることは間違いないだろう・・・農業をこれからも営み続ける上で、なんとか農業を担う人、有機農業を目指す仲間が増えることを常に臨んでいる。それには多くの方に農業の現状、有機農業の実態を理解してもらい、一緒になって有機農業を広めていく輪を広げていかなければ・・・食という問題も大きなテーマですね。食と農を切り離すのではなく一緒になって考え、これからのためにつなげていかなければ・・・

浄化作用、自然農法そして芸術・美というものがこれからの世の中でとても大切なもの、キーワードとなると子供のころから耳にしてきたが、まさしく大事な時期にあるのだろう・・・自然との調和をはかる世、人、生き方・暮らし方・・・これまでとは違った価値観、新たな価値観を築いていかなければならない世の中・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月31日 (金)

あしがら農の会の生産者仲間とともにこの暑い夏の疲れをいやすひと時・・・

~あしがら農の会~あしがら農の会の生産者仲間とともにこの暑い夏の疲れをいやすひと時・・・8月31日

毎年2回ほどあしがら農の会で出会った有機農業を営む・・・目指す仲間とともにお酒を飲み・・・食事を共にする機会がある・・・

忘年会と暑気払い・・・

今回は昨年来出会ったログハウスビルダーの植松さんの作業場をお借りしての夜空を眺めながらの暑気払い・・・

標高は300m以上・・・下界の蒸し暑さh嘘のような・・・涼しさ・・・

和留沢・・・とてもいいところ・・・夏の避暑地・・・眺めもいい・・・

2012_08311

今回は偶然にもまんまるお月さま・・・満月・・・お月見しながら夏の暑さを振り払う一夜に・・・

みなさん思わず眺めてしまいます・・・

2012_0831

まだまだフルメンバーではありませんが・・・

飲みものは各自持参・・・お茶・・・ビール・・・一押しのお酒・・・

そしてわったーはもちろんノンアルコールビール・・・

料理は各自1品持ち寄り・・・

野菜農家を中心に・・・養鶏家・・・養豚家・・・

絶対お金を払っても食べる事が出来な自慢の一品???がずらりと・・・

あれだけ農作業にいそしんで・・・いつこんなにごちそうを作るのだろうか・・・

今回も美味しいものがずらりと・・・ごちそうさまでした・・・

2012_0831_2

アオチュウ漬けとなった洋なし・・・

こんなに大きなものが・・・こんな小さな口から入るのだろう・・・

・・・との投げかけに・・・

生産者の皆さんは意外とすんなりと答えを・・・

作物を作るからこそわかる答え・・・

2012_0831_3

ちょっと懐かしい手洗い・・・

すべての畑に置いておけばとても便利だな・・・

もらったそうですが・・・ほしいいな~・・・

2012_0817

26日の日曜日になくなったヤギ松くん・・・

本当は今夜一緒に酒を酌み交わす予定だったのですが・・・

ご冥福をお祈りいたします・・・

2週間ほど前に下見に行った時に・・・ヤギの目っていつもなんだか物悲しそう・・・

2012_0831_4

10時過ぎにパラパラと雨が・・・

親分の締めのお言葉で今夜の楽しいひと時はお開きに・・・

明日からまた酷暑の中・・・野菜作りに励みましょう・・・

本当は・・・これからの宅配のあり方・・・有機農業のあり方・・・地域の活性化等々意見交換をざっくばらんに・・・と言う予定でもあったけど・・・まあいいか・・・次回の機会に・・・

専業農家から・・・自給農に心機一転する若い夫婦も・・・

まじめにこつこつと働き・・・普通に子育てをしながら農業を・・有機農業を営むことは難しいのだろうか・・・それで良いのだろうか・・・これからの日本は・・・

2012_0831_5

久々に最後にみなさんで記念撮影・・・

見事ピンぼけでした・・・

みなさんお疲れさまでした・・・

場所を提供いただいたヤギ松ご一家さん有難うございました・・・

今度はSUNDAY  MARKETで宜しく!

沖縄に行きたいと言う話に・・・またまた沖縄に住みたい病が・・・むくむくと・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月26日 (月)

小田原有機の里づくり協議会主催の有機農業技術講演会の後の・・・なんくる農園のあれやこれや・・・

~小田原有機の里づくり協議会~有機農業技術講演会の後の・・・なんくる農園のあれやこれや・・・3月25日

本日10:00~12:00・・・小田原市役所・・・けやき大ホールにて講演会が行われた・・・

協議会の構成団体の報徳農場・・・あしがら農の会・・・ジョイファーム・・・MOA自然農法の各団体の報告があり・・・

そのあと明治大学  農学部  特任教授  佐倉朗夫先生の講演・・・

今回の目的は小田原周辺の農業の活性化・・・有機農業の推進・・・その一環として協議会の仲間を増やす・・・理解してもら等の目的で行われたのだと思う・・・

協議会の大事な役目の一つだろう・・・

先生のお話は・・・日ごろ自分なり考えていることの整理や確認に大きく役立ったと・・・

ただ・・・参加者とても少なかったのがとても残念ではあるが・・・

もう少し準備が必要だったのだろう・・・時期も含めて・・・

写真のあとに・・・今日の講演を聞いた後・・・あれやこれやと常日頃考えていることをだらだらと書いてみた・・・

特に面白いものでもない・・・

目を通すのも面倒だろう・・・

2012_0325_10

今日の佐倉先生の講演は・・・根圏環境と有機農業・・・

農業の基本は土作り・・・育土・・・

昔から土作りの基本は・・・“物理性の改善”“化学性の改善”“生物性の改善”と言われる・・・

自分の中では化学性の改善についてはあまり意識する必要はないと思っている。物理性・生物性が改善されれば・・・その結果化学性は改善されるものと思っている・・・

特に重要なのは生物性の改善だろう・・・その本丸に行くには・・・物理性の改善は基本中の基本となるだろう・・・

水はけ・・・作土層・・・土の性質等々・・・

ある程度生物性の改善によっても改善されるとも思うが・・・それにはとても長い年月が必要となるだろう・・・

水はけが悪ければ・・・暗渠・明巨なども必要となるだろう・・・畝立てなども・・・

畑における水はけは・・・田圃で言う均ぺいにも匹敵するだろう・・・基本中の基本・・・

生物性の改善には・・・温度・湿度・酸素が重要な要素となる・・・過失となると酸素がなくなる・・・

田圃などのあとの畑などでは作土層は薄くなる・・・すきどこ、耕盤などと言われる層がある・・・作物の根や土壌生物の活動によっても壊れていくだろうが・・・長~目で見れば可能だろうが・・・

機械力を使って盤を壊せればその効果は大きいだろう・・・

河川敷に近い田圃の跡地では・・・盤の下は砂地・・・ガラが多い層となる・・・

ここまで改善するのはとても大仕事・・・客土した方が良いだろう・・・

でなければ・・・この土壌でも作れる作物を選択すべきなのだろう・・・

そして・・・生物性の改善・・・

新鮮な有機物を土にすき込みながら・・・有効腐植を増やしていく・・・その結果土壌生物層が豊かになっていく・・・

多肥は土壌を傷めると言われるが・・・

多肥とはたぶん・・・窒素過多を意味するのだろう・・・一般的に肥料=窒素・・・

生物が活性化するには窒素が多いと逆効果となる・・・

今日はこの辺の話をもう少し具体的にお話しいただいた・・・

これまでに聞いたり、読んだりした話も多々あるが・・・だんだんと整理されてきたかな・・・

ここ数年思うのだが・・・自然農法でこれまで聞いたり読んだりしてきたことは形を変えたり・・・繰り返されながら耳にしていいる・・・

人によって・・・有機農法の一般的な栽培方法を確立したい・・・誰でも簡単にできる栽培を実現したいと言う人もいるが・・・

わったーは昔からそんなことには興味はない・・・農法と言うものに興味がない・・・難しいことはわからない・・・

生物層ゆたかな土作りを目指す・・・それには有効腐植を増やす・・・よい有機物を利用する・・・

この有機物の利用・種類・・・そしてその分解・合成者でもある微生物の活用に色々なやり方・考え方があるのだろう・・・

これでなければならないと言うものはないのではと・・・自然の営みの懐はもっと大きなものと思う・・・

有機物の種類・利用方法は主観的なものだろう・・・

どのような有機物を利用するのが利用しやすいのだろうか・・・手に入れやすいのだろうか・・・また差別化できるのだろうか・・・お客さんに訴えやすいのか・・・自分に合うのか・・・

そんなようなことで決めればよいのだろうと・・・

経済効率を中心に据えればまた違う考えにはなるのだろうが・・・

なんくる農園では・・・緑肥を基本としている・・・大量に有機物を持ち込むのは困難・・・好きではないのかな・・・

良いと思える堆肥が袋詰めであれば利用しやすいが・・・

1町歩近くの畑を賄えるものを手に入れる・・・自分で作る・・・中々容易ではない・・・

やっぱり緑肥が活用しやすい・・・緑肥が生えている姿も好きである・・・心地が良い・・・なんくる農園の思いを知ってもらうには大切な要素だろう・・・

ただ緑肥を活用するには余分に畑を確保する必要がある・・・

限られた面積で・・・多くのも・・・多くの種類の野菜を・・・1年通して栽培するには・・・その体系を整理しなければならない・・・適期の作業も必要となってくる・・・

現在100%緑肥で賄えていない・・・田圃の水の影響で緑肥を活用しにくい畑・・・作付けの関係・作業手順の関係・・・それはそれで良い・・・無理なら無理で違う方法を選択すればよい・・・大きく間違ったことをしなければ・・・

不足分は自家製の落ち葉や草やチップ等々の堆肥を活用したり・・・知人の信頼できる堆肥など・・・

緑肥の活用も手間はかかる・・・外から沢山の有機物を持ち込むのと比べてどっちが楽か・・・たぶんそれは個人の好みでしょう・・・わったーは緑肥が好きということだろうか・・・

少しでも自分のやりやすい方法で十分な有機物を確保する方法を整理しつつ・・・

今はトラクターをフル活動しているが・・・いずれは極力控えるようにしていきたい・・・

必要以上に耕さない・・・耕さなくてもできるように・・・その方向に軌道修正をするべき時期がきたなら・・・

色々自分なりに整理しようとおもったが・・・整理できないか・・・

なんのために作物を作るのか・・・自分で食べるため・・・販売するため・・・

自分で販売するのか・・・人に頼むのか・・・

販売先は・・・

販売方法を含めて作付け・栽培する・・・自分なりの思いも添えて・・・

畑を丸ごと・・・なんくる農園を丸ごと・・・ちょっと重たいか・・・野菜だけが欲しい・・・

さりげなく・・・思いを添えればよいか・・・

さらに分けがわからなくなってきたが・・・

農作業を楽しみましょう・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧